無職ニートだけど老後が心配なんでsbi証券を使って確定拠出年金idecoで資産運用して逃げ切ろうと決意しました!

こんにちはタテヤマです

最近私は将来的に金持ちになるために資産運用について色々と勉強をしているわけですが

そんな中で前から名前だけは知ってはいたけど、あまり深くは調べていなかったものがありました

それが確定拠出年金idecoのことです

名前だけは最近よく聞くけど、実際のところよく調べていなかったためよくわかっていませんでした

でも何事も勉強だと思い、今回調べてみたところ

これは現在無職ニートで

家で仕事をしている私にとってはやらない選択肢がないなと思ったので

やってみようと思いました

今日は無職ニートの私が確定拠出年金idecoをやろうと思った理由

及び、idecoのことがよくわかっていない方のために

どれだけidecoがメリットがあり、やった方がいいのかお話したいと思います

ちなみにyou tubeも撮りましたのでよろしくお願いします

 

idecoって簡単に言えば老後のための年金をさらに増やすために、若いうちから資産運用をしようと言うもの!

めちゃ簡単に言えばidecoとは資産運用の話になるのですが

idecoは60歳未満の方が加入することが出来て

会社員や自営業など、自分の雇用形態に応じて

毎月積み立てられる金額自体には差が生じるのですが

自分が毎月積み立てたお金がそっくりそのまま全額所得控除されるというものになり

住民税や所得税の節税になるというものです

為替取引を始めるなら≪DMM FX≫

また各自で投資信託などの商品を自由に購入して積み立てていき、資産運用をしていく流れになるのですが

idecoで運用する場合、その投資信託等で値上がり益が出た場合も

その値上がり益で生じる税金も非課税になるというものになります

運用利益が非課税になる資産運用と言われると

投資をちょっと勉強している方ならNISAなどをすぐに思いつくでしょうが

それとidecoは似たようなものでもあり違うとも言えます

ちなみにNISAは2種類あり

NISAと積み立てNISAというものがあり

それぞれ解説すると

NISAは毎年120万を満額とし、5年間にわたり

運用益をすべて非課税に出来るものであり

積み立てNISAは毎年の限度額は40万ではありますが

それを少額ずつ20年間続けることが出来

合計800万までの株式を非課税で運用することが出来るというものになります

idecoとNISAってこのように両方とも運用益が非課税になるから

同じようなものだと思いがちなのですが

決定的に違う点は

NISAは基本的に自分が辞めたいときにいつでも辞めることが出来て

積み立てたお金を解約することが出来るのに対し

idecoはなんと一度投資をしたら

特別な事情を除いて基本的には60歳まで解約をすることが出来ず

完全に老後のための資金を上乗せするための資産運用の制度と言えるのです!

解約をすることが出来ないって言うのがポイントですね!(条件さえ満たせば解約できるようですが、かなりめんどくさいみたいです)

idecoの加入条件としては、20歳以上から60歳未満の方なら基本的に加入することが出来

掛け金は毎月5000円を最低として、私のような自営業の場合なら現状でMAX68000円まで

積み立てをすることが出来て

年間でMAX68000円ずつ積み立てて行ったと仮定すると

最大で816000円の掛け金額になるということです!

仮に816000円も掛け金があるとするなら

それこそ住民税や所得税の控除額だって馬鹿にはならないだろうから

運用益が全額非課税になるという点、かける金額が多ければ大きいほど

節税効果が高いということで

私のような自営業みたいなやつにとってidecoは無視することが出来ないと思ったわけだ!

ちなみに私のような自営業の人にとって、老後のための資産運用と言っていいのか?わからないが

老後のための更なる備えのために

老後の年金額の受給額を上げる方法としては

個人で入る国民年金基金と言うものがあるが

調べてみればわかるが

国民年金基金はあくまでも自分が掛けた金額に応じて年金額が少しずつ上乗せできるだけなのに対し

idecoの場合は資産運用という観点で考えられるし

さらに自分で投資商品を選べることから、それによる利回りの運用益があるため

トータルで見たら個人的には圧倒的にidecoの方が魅力的に感じる

もちろん、現状の私ではidecoでMAXの68000円も毎月かけ続けるということは

未来のことなんてどうなるか?わからないだろうから

今はあまり強くは言えない

でも月5万ぐらいなら、今の自分の状況を考えれば

おそらくかけ続けて行けるだろうという自信はある

そして実際、月5万ずつidecoで30年間かけ続けて行けば

事実上それだけで老後の資産はまかなえてしまうというから驚きだ!

嘘だと思うなら、その金額を知るときっと驚くことだろう!

初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール

今仮に30歳の人はidecoで月5万を頑張って長期運用するだけで60歳にはすでに余裕で老後資金がまかなえてしまうという事実!

私が今回idecoの話をしたのもすべてはこの事実に尽きるからに他ならない

30歳からでも月5万をidecoに毎月ぶち込んでいけば、それだけで60歳には十分すぎるほど

老後の資金がまかなえてしまうからだ!

金額的には、月5万×12で年間60万

年間60万を30歳から60歳まで積み立てていくのだから

60万×30年で元本は1800万となり

確かにidecoだけで1800万もあれば

その年齢になっていれば通常の場合は他にも多少は資産的なものがある事だろうし

年金等もあることから、ほぼ盤石な体制には持っていけるだろうと容易に予想が出来るだろう

FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX

あと最近老後に60歳以降において貯金2000万はないと不味いみたいな話が出て

世間では炎上していたが、この2000万円と言う次元はほぼ間違いなく余裕で超えることが出来る

いやむしろそんな次元ではない…

30歳からコツコツと月5万を積み立てていくことにより

idecoで賄えるであろう老後資金は1800万どころではないのだ!

ポイントは出来る限り若いうちからidecoをやることによる複利による力を利用するという点と

idecoでは投資信託を基本的に買って資産運用をしていくということがメインになるが

この投資信託で運用と言う点に最強のポイントがある!

それはidecoによって買える投資信託の中に投資家として絶対に見過ごすことが出来ない

絶対安定と言えるべき、SBI・全世界株式インデックス・ファンド(雪だるま)

及びeMAXIS Slim 全世界株式があるという点である!

SBI証券でidecoを開設した場合、買える投資信託にはなるが

これはご存知インデックスファンドと言うものであり

全世界の株式の価値の変動とほぼ同じ動きをすると言うものである!

全世界の株式の運用成績と言うのは、長い時間を検証して専門家の間で大まかには年間の利回りが大まかに

5%~8%程度で推移していると言われている

途中リーマンショックや東日本大震災やアメリカ同時多発テロや世界恐慌や戦争などを通し

株式が大暴落する局面は何回も何回も迎えてきたが

それらをすべて総括して利回りを考慮しても年間の利回りはほぼ上記の通り5%~8%の間に収まるという

嘘だと思うならウォール街のランダムウォーカーという本を見てみてくれ

この本にはインデックス投資こそが、株式運用において確実に長期的に利回りを上げる方法であると

しっかりと記載されている!

まあ過去がこうだったからと言え、これからのことはもちろん誰にもわからないが

過去200年にわたり調査してきてそれでも年間の利回りが平均的に上記の利回りを維持していることから

これからもおそらく同じような利回りで推移していくということはおそろく想像できるだろう

と言うことは、ほぼ最低で考えてもインデックスファンドで運用をしていく限りでは

ほぼ確実に毎年5%の利回りでは推移していくということだから

先ほど言った、月5万ずつを積み立てていき

それを30年間複利5%の利回りで運用し続ければどうなるか?計算をしてみると

とてつもない事実が見えてくるのだ!

答えは以下の通りとなる!長期投資のすごさが実感できて驚くことになります!

月5万ずつidecoでインデックスファンドで長期投資した結果こうなる月5万ずつidecoでインデックスファンドで長期投資した結果こうなる2

1800万どころの話ではないということがわかるだろう

これが長期投資の複利の力のすごいところなのである

この事実を知ってしまうと、月5万を積み立ててさえいければ

国民年金等の金額の上乗せ及び

その年齢になっていればおそらく別途の資産等が通常はあることだろうから(労働や投資や副業などで蓄えた資産や遺産相続など)

理論上はこれから貯金自体も一切しなくてもidecoさえして

何百年に一度と言われる超恐慌にでも運悪く当たってしまわない限り

ほぼ老後はどうにでもなってしまうと言えるだろう

なぜなら60歳時点でidecoのみで4000万程度は見込めるだろうからこれに国民年金が加わるだろうし

元々60歳以上になれば散財浪費などをしようとする気も起きないだろうから

現役世代よりも出ていくお金は少なくなるだろうと予想できるからだ!

まさに驚くべきことだと私は思う

ただこれは長期投資の複利のすごさを知っているか知らないか?だけの単純すぎる話だが

これを知っているだけでそこらの人に大きな差をつけていると言っても過言ではないし

この事実を知ったからには、idecoをやるべきかやらないべきか?なんていう話は

もはや出てくるわけがないだろう

DMM.com証券

しかもidecoは上記の他、なおかつ掛け金が全額所得控除毎年されるということで

私の場合で言うなら現在年齢が28歳とのことで60歳までの

32年分所得控除+32年分の利回りを味わえるということで

もはややらない選択肢がないと思った!

老人増えすぎて支えきれません

 

ちなみに私は言っておくが当分は外で労働をするということは考えていない

期間工で文無しから貯金を700万に貯めた実績があるから

事実多くの人に

「タテヤマさんはもう期間工に行かないんですか?」

と言われることが非常に多いが

いわれるまでもなく、そんなことは自分が一番わかっていて

仮に期間工でもまた行って来れば

半年で200万弱の貯金をすることも容易であることから

今年中に貯金1000万にすることも容易であることもわかっているが

それでは結局貯金額自体は増えるだろうが根本的な解決にはなっていないため

出来る限り期間工以外で稼ぐ方法を会得したいと思っている

だから今は家で引きこもりつつ色々と勉強をしているわけだが

そう思うわけとしては

期間工や工場派遣はぶっちゃけ私の年齢がまだ若いため、今後いくらでもやる機会があると思うからです

だからこそ、今の暇な時間をとにかく使って自分で稼ぐことを色々試しているんだが

今の自分は今年が独立初年度ということもあり年収自体も低いため

このようにIdecoで節税が出来るという点は非常に助かる!

ちなみに以下は、現状の私のスペックで考えたidecoを月5万ずつ掛けて行って

5%の利回りが期待できる全世界同時株式インデックス投資で長期資産運用した結果

及び、それに伴う毎年の節税と運用益の非課税部分の計算なのだが

現状の私ですら60歳にはidecoの資産運用をしていけば

idecoのみで

おおよそ4700万の資産形成が出来るという計算になる

年収はかなり少なめに250万想定で考えてみた

自営業ニートである私にとって、通常の自営業では考えられないぐらいの低収入だが

これが現在の真実なのだから包み隠さず言おうと思う

ちなみに実際のところは現状私は本業での年収ベースでは180万ぐらいしかない‥‥

FXや株のデイトレードでかなり助かってる部分がある

現状株に約400万、FXに100万の割合で貯金約770万の中から回しているが

為替取引を始めるなら≪DMM FX≫

これだけの余剰資金があれば、1日で1万とかそれ以上に稼ぐこともデイトレードなら当たり前だからだ

ちなみに400万入れているとは言っても

通常で株で回す金額は100万~200万程度でそれ以外の金は暴落時のために常にストックしてある

400万全力で株に突っ込むというわけでもないし

FXにしても100万あれば現状ドル円で約21万通貨ほど持てるが

こちらでも全力でやるようなことはなく

せいぜい2万~4万通貨で証拠金維持率も最低でも500%以上は維持するように心がけている

基本は証拠金維持率は万全を期すため1000%を維持するように自分では気をつけている

つまり基本は2万通貨ということである

100万円口座に突っ込んでおきながらたった2万通貨であるため

ロスカットの心配はほぼ皆無である

世間ではコロナウィルスに為替や株が暴落してかなり影響を受けている人がいるみたいだが

私はコロナですら無傷だった!

ちなみに株に関しても信用取引も一切していない、現物株のみだ!

これを聞くとビビりと思う人もいるだろう

ネットで投資関係の人と比べると非常に情けないと思う人もいるだろう

だが投資において最も大切なことは平常心でいられること及び資金管理が大切であるため

暴落の時や上手く行ってないときも、投資のことが気になって気になって

他のことが手につかずしょうがないという状況を避けるためだ

また投資において世間の9割が負けているという事実もあり

まず私のような雑魚が出来ることは退場しないことであるため

資金管理など慎重に行動するのは当然であろう

だがこのような石橋をたたいて渡るかのような手法であったとしても

今のところ月のトータル的にはすべてプラスになっているのだから

株やFXにはかなり助けられている

実際これでも一日1万とかは結構普通に勝てる時があるからだ!(3000円とかなら本当に超簡単)

だから生活自体はもはや期間工や工場で働かなくても

最低限度の生活自体はできるというのは間違いない事実なのだ

でも大きくこれから自分の資産自体を増やしていくためには

投資で成功するということも大切だが

それと同じぐらい本業の収入を上げなくてはいけないというのが課題になる

でも現実はそう上手くいかない‥

そんなに簡単に上手くいくならみんながみんな独立することだし、実際は上手くはいかないのだ!

フリーランスと言えば聞こえはいいが

実際の私は世間的には完全にただの子供部屋おじさんである

子供部屋おじさんを馬鹿にするやつに限って貯金すらない事実w

実際まだ途中のゴミだし

いずれ軌道に乗ってきてさらに金額が上がればいいのだが

今はフリーランスニートとしては間違いなく底辺なので現状はこんな感じだ!

まあ話が脱線したが

とりあえず将来的に達成できる可能性が極めて高い年収250万で節税効果を想定してみよう!

idecoをやることを決意した自営業ニート

idecoをやることを決意した自営業ニート

年間の節税効果がidecoのみで、すでに12万もあること言うことに驚きだ

年収250万という計算上だと国民健康保険や住民税も所得税もめっちゃ安くなる

私がやれば確実に今よりも圧倒的に負担が減ることになる

idecoをやることを決意した自営業ニート

idecoをやることを決意した自営業ニート

そして得られる利回りのよる期待リターンは、なんと32年で2800万だ!

掛けた金額は32年で1920万なのに対し元本と運用益を足すと1920万が約2.5倍になって帰ってくる!

2800万と聞くと、そんじょそこらの企業の退職金よりもはるかに上であるだろう!

底辺ニートだろうが大企業の正社員で無かろうが、

これだけの金を知っているか知らないか?だけで

自分で老後のために用意することが出来るのだ!

少なくても私はこれを知って、秒でidecoをやることを決心した!

ちなみに私は現在色々なところに少額ずつお金を回してはいるが

用途が全くないお金が約200万ほどある

お金は寝かしていてはいけないということはわかってはいるんだが

リアルに使い道がないため、現状ただ寝かせているという感じなのだが(株に突っ込みたい気持ちはあるが、現状高値すぎるのでデイトレでしか無理)

idecoはこのような用途がなく寝かせているだけの人にとっては画期的な資産運用だと思う!

ちなみに月5万を積み立てるのはキツイと言う人のために

それなら月3万の場合ならどうなるのか?と言うことも検証してみたら

以下のようになる!

月3万idecoでインデックスファンド買い続けるとこうなる

これだけでも例の老後の2000万問題を余裕で上回っているのだから

月3万であったとしても積もり積もればものすごいパワーを発揮するということがわかるだろう

偶然この記事を見て、この事実を知れた君はまさにラッキーだと言えるだろう

idecoをすることにより、それだけで老後のお金の心配をすることがなくなるというのは

思いのほか大きいと思う

まあ今回は私のような自営業の場合で掛け金が5万と大きい場合で話しているが

(自営業の場合だとidecoは掛け金が多いが会社員とかだと少なくなる)

会社員であったとしてもidecoをすることによって

節税効果と長期投資の恩恵をあやかれるのだから

するかしないか?で言ったらするしかないと言えるのではないだろうか?

idecoをするべきではない人及びidecoのデメリットとは何なのか?

いいところばかり話していて、じゃあidecoにはデメリットはないのか?って考えてみたが

idecoのデメリットとしては公務員の場合は掛け金がものすごく低くなるから

節税の効果が限りなく低くなっていまうという点と

途中でNISAのように安易に解約が出来ないという点である

あくまでのidecoのこの長期投資によるリターンはあくまでも

一度も解約をせず、ひたすらに毎月毎月積み立ててて行くというのがベースになっているため

途中で解約をするような方法ではないのだ

途中で解約等をしてしまうと、idecoのメリットを全然生かすことが出来ないから

その場合はidecoをするべきではないと言える!

途中で解約をすると決めている人はidecoの恩恵をあやかることは出来ないのだ!

後は、idecoに加入した時の年齢がすでに50代の場合とかの場合も

idecoに入るメリットは薄いと言える

idecoは長期投資がモットーであり

始める年齢が若く、運用期間が増えれば増えるほど複利で増えていくため威力がでかい

すでに50代の方だと複利の威力を感じる前に60歳になってしまうため

あまり恩恵を感じることは出来ないと思う!

また普通の人は結婚したり家族を持つことだろうから

途中で子供の養育費や住宅のお金や教育費や学校の学費等

お金を出す機会がたくさんある事だろう

そんな時に月数万とは言え、自分が60歳になるまで一切引き出すことが出来ないというのは

状況によっては厳しいかもしれない‥‥

また社会人なりたてや、昔の私のように

底辺をさまよっていて、そもそもの貯金自体がないという場合は

無理にidecoに積み立てるよりも、まずは自身の生活を見直して

最低限の貯蓄に励んだ方が良いと思う

あくまでも資産運用と言うのは、自分が思う余裕資金の範疇でやるものであって

命を賭けて絶対にidecoに月5万入れなきゃいけないみたいに強制されるものではないからだ!

色々と考えられるデメリットを語ってきたが

でも私のように自営業のニートであったり、現状結婚するあてもなく

なおかつ貯金があってもそれを使いこなせていないとか

絶対に解約しないと心に決めている人にとっては

idecoは最強のコスパを発揮するということは間違いないだろう!

と言うわけで、sbi証券で月5万積み立てのidecoに挑戦します!

長期投資になりますので、いつになるかはわかりませんが

ある程度積立額が上がってきたら運用の様子もいずれブログで公開していきますね!

と言うわけで

無職ニートだけど老後が心配なんでsbi証券を使って確定拠出年金idecoで資産運用しようと決意しましたでした!

為替取引を始めるなら≪DMM FX≫

他の人のセミリタイアブログも見てみる

人気ブログランキング

↑応援クリックお願いします↑