世間の目を気にしている様ではセミリタイアなど絶対に出来るわけがない!

このブログを見ているという時点で

きっと多くの人がセミリタイアをしたいと思っているでしょうが

僕はそんなセミリタイアを目指す同志たちに一つ突っ込みたいことがあります

それは口ではセミリタイアをしたい!

もうあんまり働かずに労働時間をセーブした働き方をしたい!

と言っておきながら実際のところ

セミリタイア思考の人であったとしても

まだまだ世間体というものをめっちゃ気にしている人がめちゃくちゃ多いと言うことです

 

私のこのブログの最終目標は何回も言っていますが

あくまでもセミリタイアをすると言うことを最終目標にしていて

現在29歳の私が

なんとか40歳までには完全に余裕を持って

セミリタイアを出来る次元にまで自分自身を持っていきたいと思って

今からコツコツと積み上げて行って頑張っているわけですが

まず一言で言わしてもらうと

普通の常識で考えたら40歳でセミリタイアをすると言うことだって

十分非常識であると言うことを認識しないといけません!

なぜなら今の世の中は医療制度が発達し

人間の寿命が徐々に延びている時代です

下手したら人間100年時代と言われているような時代で

そんな中で40歳という若さでセミリタイアをすると言うことが

一体どれほど非常識なことなのか‥‥

ここをまず認識をしなくてはいけません

40歳という年齢は一見するとただのオッサンみたいな感じがしますが

人生レベルで見ると全然まだまだ若いです

体も元気ですし、ぶっちゃけ働こうと思えばいくらでも働くことが出来るでしょう

おそらくですが私たちが老人になっている時代では

人は何歳まで働くのか?想像してみると

一般的にはおそらく70歳~75歳ぐらいまで

人によっては生涯現役という方も全然多いかと思います

今よりは間違いなく労働可能年齢は増えているであろうことは間違いありません

そんな中で40歳でセミリタイアをすると言うこと自体が

すでにぶっ飛んでいると言うことを認識すべきなのです

で仮に40歳という若さでセミリタイアをガチで実現できたとしたときに

周囲がそんな人を一体どんな目で見るのか?ということを想像すると

正直もはやわかりきっております

本来働き盛りの40歳という男なのに

家で引きこもっている

もしくは週に2回のバイトとかやって

後は全部家にいる

みたいな状況になっていて

周囲が奇特な目で見ない訳がありません

親戚はもちろんですが、近所の人たちからだって

あの人いつも家にいるけど

一体何やってる人だろう?

変な人なんじゃないの?

みたいな感じになるのは目に見えております

要するにそもそも世間に理解されない訳です

「若くしてセミリタイアをするという生活自体が!」

まあ普通の40歳は仕事を持ち

バリバリ働いているのが当たり前なんですから

そもそも平日の昼間に家にいること自体がおかしいのですから

こういった考えになるのは当然ですよね?

一つ確実に言えることとして

こういった世間の好奇な目線に常にさらされると言うことを我慢しなくては

そもそもセミリタイア生活をするなんて夢のまた夢ですし

世間体に押しつぶされてまたフルタイムとかで

嫌な仕事を

嫌々働かざるを得なくなってしまうかもしれません

人気ブログランキング

↑記事更新のモチベーションが上がりますので応援クリックお願いします↑

頑張ってお金を貯めて計画的に無職やフリーターやトレーダーになることを世間は厳しい目で見てくる

セミリタイアをする人とただのそこらの無職ニートフリーターでは

そもそもの置かれている次元が違います

決定的に忘れてはいけないこととして

セミリタイアをする人は

「自ら望んで全て計画的に無職やニートやフリーターになる!」

と言うことです

私たちが老人になるころには、働き方がめちゃくちゃ多様化されていて

きっと色々な労働条件があるでしょうから

きっと無職やニートやフリーターやトレーダーとかで

セミリタイアをしている人を見ても

ああこういった生き方をしている人なんだな‥‥って認知されるようになっているでしょうが

現在では正直まだまだセミリタイアに対する世間的な目線は厳しいものであると思わざるを得ません

まず40歳とかで無職やフリーターの時点で

基本的には何か許されざる様な雰囲気になっているように感じますし

ましては株式投資やFXなどのトレーダーというものも

ネットの世界ではともかく、リアルの世間では全然受け入れられている様子もありません…

セミリタイアをするものにとっては資産運用である株式投資やFXなどの類は

切っても切り離せない超重要なものであるにも関わらず

リアルではそもそも投資自体が受け入れられていないのですから

全くおかしな話だと思います‥‥

FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX

統計によると、投資をしている人口ですらほとんどが老人世代ばかりで

30代や40代なんて全体の投資人口の中で1割程度にしか満たないと聞きます

ネットを見ると、さも多くの人がみんなして投資をしているように感じますが

実際はほとんど誰も投資なんてしていないのです

また日本の労働環境にしたって

日本の一般的な面接自体を見てもらえばわかりますが

面接において空白期間というのはめちゃくちゃ突っ込まれますし

過去の経歴というのもめちゃくちゃ聞かれますよね?

そもそもなんですが

一度でもセミリタイア生活を敢行したり

ニートでトレーダーで食っていくみたいなことをしたら

履歴書の経歴が結構ボロボロになってしまいますよね?

そして日本の面接は

雇用者の方が正直圧倒的に上から目線でいるため

金のない雑魚労働者のために

「仕方なく雇ってやってる感」

が非常に出ている面接がめちゃくちゃ多く感じます‥

金持ちがよい金持ちになってしまう理由

そんな中で正直に仮に

38歳で貯金が3000万貯まって結婚してなくて子供もいなくて

家も親から譲り受けた持ち家だから住宅ローンを組む必要なくて

あなたたち社畜みたいに無駄な住宅ローンで人生苦しめられて詰むこともないし

そもそもすでに家持ってるし

独身で車にも興味があんまりないから金の使い道がなくて

もはやモチベーションが一切わかず

もうフルタイムで働く気力が一切なくなったから

適当に生きたいと思って、必要最低限の生活費で月10万も稼げばいいと思っているから

週2.3ぐらいでサクッと雇ってください!

とか

36歳でFXで1000万が7000万になったから正直働く理由もないけど

余りにもパソコンのチャートばかり見ていると健康に悪いので

ダイエットもかねてリフレッシュの意味も込めて週2回ぐらい適当に働かせてください!

って言ったら100%落とされるのが関の山でしょうw

セミリタイアをしている側から見れば

正直な気持ちを素直に面接で話しているだけなんですが

面接官にとっては、金を持っている労働者が

自分には出来ないセミリタイア生活をしているのが羨ましいのか?

はたまた

若くしてセミリタイアをしているのが理解できないのか?

そもそも

労働者の分際でそんなに金を持っているのが許せない!

のかわかりませんが

とにかくこういった正直なありのままの話をしても

嫌な印象を抱くというのは間違いありません

よってたとえ生活に全く困ってなくて

ぶっちゃけ働かなくてもいいんだけど

暇つぶしの健康維持みたいな感じで働く場合にも

ここで働きたいです!

お願いですから働かせてください!

みたいな感じで底辺感を出して

下手に出て必死に底辺を演じて面接をしないと

そもそも合格できないので

こういった側面からも

労働者の分際でセミリタイアなんてするなんて飛んでもないみたいな

感じで多くは思われているんじゃないか?と思います

また株式やFXでのトレーダーの場合も

今まで何をやってたの?って聞かれた際に

トレーダーと言っても理解されることはまずなく

そもそも株式やFX自体をやったことがある人が

あまり世間ではいないため

どうしても投機的な目線で見る人が非常に多く

大方ただのギャンブルで大損ぶっこいたから

焦って働こうとしているんだろ?

いい年してバイトかよw終わってんな!

みたいな感じで思われるでしょうから

印象は言うまでもなく最悪でしょうw

年を取ってまで人に顎で使われるのは絶対に嫌だ

別に大損してなくても

若くして大金を得た人でセミリタイア思考が非常に強い人なら

そもそも週5.6のフルタイムで働く必要性もなく

週2.3とかで適当に働くのは

正直ただの健康維持と

世間との最低限度の接点を持っておいた方がいいってだけの話なんですが

面接する側としては稀に現れるこういった特殊な金を持っている労働者の

考え方に理解を示すことが出来ない人が多く

なんでその年でフリーターなの?

なんでずっと無職なの?

みたいな感じになってしまうのが世間一般なので

セミリタイアを目指すならこういった世間の

変な目から逃げることは難しいということを覚悟しなくてはなりません!

世の中は働いていない人はおかしい人という風潮

要するにセミリタイアをすることが出来ない

企業に食い物にされている

金を持ってない雑魚特有の考え方なんですが

いい年して世間で働いていない人=頭のおかしい人

みたいな世間の風潮はいい加減何とかならないのか?って思います

このままではたとえ完全にセミリタイアをすることが出来る

資金が貯まったとしても

世間の同調圧力や

親戚や周りの圧力に押しつぶされて嫌々働き続ける人がたくさん出てしまい

自分自身の第2の人生である

セミリタイア生活に移行できない人は

実際のところ水面下で腐るほどいるんじゃないかな?って僕は思っています

そもそもセミリタイア生活をしたいと思う人って

そう思ったきっかけは

現在バリバリと世間で働いていて

時間もなく自由もなく金だけあって

なんで自分はこんな生活をしているんだろう?

って疑問に感じたから自由になりたいと思って

セミリタイアをしたいと思うのであって

世間のこういった世間体などの同調圧力に負けて

嫌々働き続けなくてはいけないというのは

基本的に絶対におかしいと思います

一度しかない人生なんですから非常にもったいない!

人は自分自身の人生を各自自由に生きている以上

セミリタイアをしたいんだったらすればいいし

また適当に仕事をしたくなったら仕事すればいいと思うんですよ

世の中の多くの人が、もっとこういったセミリタイア的な生き方もあるんだって

ことを早く理解して欲しいと僕は強く思っています!

というわけで今回はセミリタイアをする際に絶対についてくる

世間の糞な世間体についての話でした!

これを乗り越えない限り、快適なセミリタイア生活は多分送ることはできないでしょうね!

記事が参考になりましたら記事更新のモチベーションが上がりますので

人気ブログランキング

↑応援クリックをお願いします↑

FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX

↑株式投資を始めるなら業界最大手のSBI証券がおススメ!↑

人気ブログランキング

↑記事更新のモチベーションが上がりますので応援クリックお願いします↑