こんにちはタテヤマです

僕は少し前にセミリタイアをするのに大きな貯金はいらない

貯金なんて生活レベルさえ落とすことが出来れば

賞味100万円も貯金があれば十分週5、6日からの労働は抜け出せて

週2,3日ぐらいのセミリタイア的生活はすることが出来るという記事を書きました

貯金なんて100万あればセミリタイアできる件について

この記事は反響が大きくて実に多くの人に読んでもらえたわけですが

頭の中では理論上は生活レベルさえ落とすことに慣れきれば可能だということがわかるんだけど

実際のところ貯金100万でセミリタイア生活を送るのは正直怖いという人が大部分だと思います

そこで今回は逆に考えてみて

それなら仮に独身30代で貯金が3000万あればセミリタイアどころかリタイアすらできるのではないか?

ということについて考えてみました

全通貨業界最狭水準のスプレッドで提供中!

まず30代で貯金3000万以上ある割合について

まず簡単に貯金3000万とか言っていますが

そもそも30代で貯金3000万を所持しているということはとんでもないことである!

ということを皆さんは知っていましたか?

30代の平均貯金額というのはデータにより多少差がありますが

大まかに言うと、大体30代の平均貯金額が

金融資産非保有世帯を含む場合、平均値が317万 中央値が40万

金融資産保有世帯のみの場合は平均値が533万 中央値が250万となっています

世間一般的に言うと、金融資産非保有世帯を含むのが世間の平均値と言うことが出来るでしょうので

平均値から考えるに大体30代で300万程度貯金があれば一般的と言えるでしょう

ただこれは恐ろしいことに平均値が317万ということで中央値が40万ということですから

想像に難くなく、大幅に大量にお金を所持している層に平均値を上げられていることがわかりますよね?

一体どんだけ平均値を上げられてんだ?というぐらい圧倒的格差が開いているということです

年代別の平均貯金額中央値など

だって考えてみればわかりますが

10人ランダムに集めてきて、9人が貯金なしでも1人が貯金3000万なら

それだけで平均値は300万になりますからね!

ということは事実上貯金100万以下の人は6割ぐらいは確実にいるということになります

平均値は確かに317万なのですが、実際317万あればむしろ持ってる方になるかと思います

これは独身とか既婚者とか関係なく、30代で考えていますから

世間的には現実はこんなもんだということが言えるのです

逆に30代で3000万を持っている人は、全体で約1.4%程度しかいないそうです

貯金3000万あればセミリタイアではなくリタイアできるのか?30代

 

この事実からわかるように、30代で貯金3000万を持っているということが

一体どれほど圧倒的な存在なのかわかるでしょう…

人生において最もお金が必要なことは一体何なのか?

多くの人が考える人生において最もお金が必要なことと言えば

まず

・マイホームの購入

・結婚して子供がいるなら子供の教育費

・車に乗った場合の車代とその維持費等(生きている間、数台乗り換えていくものとする)

後は個々人の趣味の問題とかタバコとか酒とか旅行とか色々あるでしょうが

大きく出費がかかるであろうことを見積もると間違いなくこの3点ですよね?

別途大きい見込み支出として

結婚式から発生する連続コンボとして新婚旅行も考えられますが

金額的にはこれは人生で車にかかる費用よりは明らかに劣るかと思います

ということは、とてつもなくデカイ出費であるのはこの3点であって

逆に言うと、この3点さえないものと考えれば一気に大きく出費がかかることは

なくなると言えますよね?

まあ結婚しているとなると、生活に安心するために

マイホームの購入や車、お子さんがいるなら教育費は避けては通れない出費となるでしょうが

これが仮に独身だと考えたらどうでしょうか?

ぶっちゃけ全部いらなくないですかね?

独身の独り身の男に

大きな家はいるのでしょうか?

ぶっちゃけ自分の部屋一つあれば十分じゃないですかね?

広いとむしろ掃除めんどくさくないですかね?

車は趣味でお金をかけている人はいるでしょうが

子供に関しても、独身ならそもそも子供自体いないはずなので

教育費という概念すらなくなります

つまり人生の3大出費のうち、すでに2つ潰しているので

今後一気に大量にお金がかかることはほぼなくなり

なおかつすでに3000万という同世代で比べると圧倒的な貯金額を所持していることですので

余裕でリタイアすることは出来るんじゃないかな?って僕は思うんですよね!

為替取引を始めるなら≪DMM FX≫

生活レベルを落としなおかつ投資という概念があれば、そもそも3000万あれば金が減る事すらありえなくなる件

仮に30代で貯金額3000万を持っていたとしても、もちろん何も考えず

生活レベルを一気に上げていいように散財浪費をしてしまえば

3000万どころか1億持っていたとしても、リタイアすることは無理だと思います

でもそうではなく

生活レベルをほとんど上げずに生活が出来たと仮定したらどうでしょうか?

多くの人は9割方収入が増えてしまったらその分そっくり生活レベルを上げてしまい

結果的にずっと働きつづけなくてはいけないラットレースに巻き込まれています

要するにみんな収入が上がってしまうと、無意識レベルで生活レベルを上げてしまうのです

裏を返せば、それがミソであり多くの人はそれが出来ないということです

ということは逆に考えれば

私はそれが出来るなら、もはやセミリタイアどころかリタイアすら余裕のよっちゃんだと思っているんですよ

ましては3000万という金額です‥‥

例えば、私の例でお話いたしますが

前にも話しましたが私は期間工での節約生活に慣れすぎて

今では生活費が月8万で生活できるようになりました

(期間工は寮費光熱費無料で働けますので生活に必要なお金を大幅に削減でき貯金が簡単に出来ます)

家でニートしていようが働いていようが、自分に利のない無駄なことに金をほぼ使わないため

生活費は月8万で大きく変動することはありません

マインドセットを自分の中に完全に落とし込んでいる以上

今後私の性格は変わりませんし、仮に私が成功してさらに稼げるようになったとしても

生活レベルを一切上げるつもりはありません!

私は一万円の重さが骨の髄まで染み付いていますから!

ということは年間で96万別途で稼ぐことが出来れば

私の場合なら金自体は何も減らないということになります

仮に貯金3000万あれば、年間96万を生み出すためには

年間4%の利回りで回る金融商品に投資をすることが出来れば税引き後96万の利益を得ることが出来ますので(3000万×0.04=120万 株式投資などは税が2割ですので120万×0.8で差し引き96万の粗利)

計算上は3000万あれば、何もしなくても自分の場合だと永久的にニートできます

今はそんなに元手となるお金がないから、どうにかして金を生み出すために

色々やって足掻きながら頑張っていますが

事実上貯金3000万になった時点で

転売やネットでこうした記事すら書く必要すらなくなります

私は副業の収入の柱を組み立てるために

記事やら動画やらを将来の自分のために作成していますが

そもそもですが貯金3000万あればもはや何もしなくても生活自体が成り立ってしまうため

you tube等や記事など作成する必要性すらなくなります

ただ脳死してインデックス投資にでも3000万ぶち込んでおけば

もう何もしなくても生きていけます

だって勝手に金が生まれるのですから

仮に利回り6%で回るとしたら、実に12年で3000万は6000万にまで膨れ上がれます

このように元手がある状態での複利の力は本当にものすごい威力があります!


こうなってしまえばもはや

私がやることと言えば、健康維持のために適当に短期のバイトとかするとか

適当に動画とか記事とかを暇つぶしみたいな感じで作っていけば余裕だと思います

生活のためにとかそういった意味での労働とは根本的に違ってくるので

間違いなく精神的な負担は段違いに楽になることでしょう

またここでは例として利回り4%と言っていますが

投資信託のインデックス投資なら平均的に5~8%の利回りで回るため

むしろ96万どころか、それ以上に増えることもあります

ウソだと思うのなら、僕が前に話したidecoについての記事を見てみてください

仮に6%だとしたら180万のリターンで税引き後144万ですのでむしろ48万貯金すらできてしまいます

もちろん景気が悪くなれば減る事だってありますが、計算上は人類が存在している限り

技術革新により確実に成長することですからほぼ確実に5~8%は維持できるはずです

ということはマジで3000万あれば自分の場合だと何もしなくても勝手に永久にニートできてしまうのです…

もちろんこのままでいければという条件付きにはなりますが‥‥

ということは

ここから言えることはマジで3000万という金額は

何もしなくても一人の人間を食わすということができる

ここまでチート効果をもたらしてしまう圧倒的な金であると言えるのです

初心者でも簡単!まずはFXを始めてみよう!

30代という圧倒的若さでアッパーマス層に行くこと自体が圧倒的な自信になる!

世間では金融資産別に階層が定められています

前にも記事でネタにしましたが

3000万~4999万の金融資産の層を巷ではアッパーマス層と言います

日本全体の世帯の8割が実にマス層と言われる0円から2999万までの層になります

ということはアッパーマス層に行けた時点ですでに日本だと全世帯全体で見て上位2割です

50代~70代までの年配が日本の金融資産の全体の85%超を占めている中で

30代という若さでたった一人でアッパーマス層に切り込んでこれたこと自体

私は誇りに思えるぐらいすごいことだと思うんですよ

30台でアッパーマス層金融資産3000万に達する割合

セミリタイアにしろリタイアするにしろ、さらに働くにしろ

「俺は30代で金融資産3000万以上持っている」

その事実だけで、その後の人生いろいろな面で圧倒的な自信になると思います

結論!独身30代で貯金3000万は超余裕でセミリタイアどころかリタイアできる!

色々な角度で貯金3000万という圧倒的な金がいかにチートなのか話してきましたが

結論を言うと、言うまでもなく独身30代で貯金3000万あれば

  1. 子供がいない
  2. 無駄な買い物や家を買わない
  3. 車をあまり乗らない

という制約付きですが

これさえ律することが出来れば、余裕でセミリタイアどころかリタイアすらできると考えていいでしょう

言い方を変えれば、もう人生ほぼ上がったと言っても過言ではないと思います

自分もその状態を目指し、これから一生懸命頑張るわけですが

ただもし仮に自分がこの状態になったとしても

自分はリタイアはしないと思います

貯金額的には独身でいる限り、自分自身の生活だけ見たら3000万あればもはや完全にゴールだと思います

でもそうではなく、前にも言いましたが人は人に認められたいとかそういった承認欲求面が

自分自身が十分に満たされてしまったらさらにガンガン出てきてしまうため

より多くの成功をしたいという気持ちがますます大きくなるでしょうから

勝手にさらに頑張るようになると思うんですよね

つまり3000万あればあったで、全く別の次元での戦いがまた待っているということです!

勝ち組がもうすでに勝ち組なのに

さらに多くの人に認められる超絶勝ち組を目指したいみたいな感じですね!

多くの人は仕事自体が嫌だと言っています

特に底辺層は99%仕事自体嫌だと思っている以上

私も実際永久にニートしたいですよ笑

でもそうではなく、すでに圧倒的な余裕を持って

金自体に縛られるとかそういった次元を超越している方にとっては

自分が嫌だと思っている仕事も

いつでも辞められるみたいな超気楽な気持ちで仕事が出来ることでしょうから

なんか急に楽しく感じてしまうみたいな感じと限りなく近い感覚で

おそらく今以上に余計に頑張れてしまうと思うんですよ

おそらくリタイア後という世界はそういった

底辺層には全く理解の出来ない別次元での戦いになるかと思います

その次元に仮に自分がなったとしたら、おそらく暇すぎて発狂しそうなので

なんだかんだ頑張ってしまうと思います笑

というわけで最後話がぶっ飛びましたが

僕の結論を言えば

独身30代で貯金3000万あればもうリタイア余裕だということですね!

私はこういった考えをしていますので

仮に今30代で貯金3000万ある人はそろそろガチリタイアを考えてみてはいかがでしょうか笑?

というわけで今回は

30代で金融資産3000万あればセミリタイアどころではなくリタイアできるのではないか?でした

見てくれてありがとうございました

為替取引を始めるなら≪DMM FX≫

他の人のセミリタイアブログも見てみる

人気ブログランキング

↑応援クリックお願いします↑