たった2万の投資で老後貯金2000万余裕ってマジなんか?

今回はめちゃくちゃ有益情報である

月たった2万円の投資であなたの人生が楽勝になるって話をしようと思います

今回の話を理解するだけで

下手したら今後

あなたが働く際に毎月かけ続けている厚生年金等以外で

別途自分で頑張って貯金をしようとする必要がないかもしれないぐらい

圧倒的な事実を知ることが出来るので是非最後まで見て行ってくださいね!

では内容に入っていきます!

巷では老後に2000万以上の貯金がないと安定した老後生活を送れないとか

将来お金が尽きて困ることになるとか

私たち若者にとっては今の日本の将来は非常に悲観的なものになっています

最近の新型コロナの影響もそれにさらに輪をかけており

あちこちで仕事にあふれている人が大量発生しており

事実この私も焦ってどこかしらの組織に属してないと大変なことになると思い

期間工の求人もほとんどない現状の状態であったとしても

急いで仕事探しをしてしまったぐらい

今の世の中は下手したら仕事にすら就けないというぐらい

殺伐とした状況になっていると言っても過言ではありません

またいつ緊急事態宣言や、企業の強制休業が発動するかわからない以上

ただ普通に生活するだけでも難易度が上がっている現在

この非常に将来の見通しが付かない状況で

老後に2000万以上の貯金がないと人生が終わるみたいなことを

マスコミに言われても

正直なところどうしていいのかわからないといった方が大多数だと思います

今回はそんな老後の2000万円問題を

たった毎月2万円で打破する方法を皆さんにお伝えしたいと思います

人気ブログランキング

↑記事更新のモチベーションが上がりますので応援クリックお願いします↑

今回の方法は僕も今後実際にやっていく手法になりますので

将来老後2000万円の貯金を今からでも蓄えておきたいと思う方は

僕と一緒になってやっていただければ思います

全世界株式インデックスファンドに月2万円を38年間投資をする

実はですね…月2万円と言っていますが

月2万どころか実際のところ18406円でこれは達成できます

まずは以下の画像を見てください

これは年間5%の利回りで初期費用0円スタートとして

38年間で2500万貯めるためには

月にどのぐらい積み立てて行けばよいのか?を計算した画像になります

2000万円と言っておいて2500万となっているのは

投資信託の場合の売却益に対する税金を考慮しているからです

よって2000万を得るためには額面で2500万の評価額が必要であるため

老後2000万問題をクリアするためには2500万が必要になるってわけです

そして実際の計算がこちらになります

結論を言いますと

仮にあなたが22歳で新卒で入社した瞬間から、毎月18406円ずつ全世界インデックスファンドを積み立てて行けば

計算上はこれのみで60歳時点で2000万をクリアすることが出来るのです

いやいやタテヤマよ‥‥

利回り5%って結構責めてねぇか?

定期預金ですら0.01とかのふざけた利率の時にどこに年間5%の利回りがあるんだよ?

って話が来ると思うのであらかじめ言っておきますが

前から何回も僕は言っていますが

金融商品と言えば数々のモノがありますが

長期的に圧倒的な利回りを得ることが出来るのはぶっちぎりで株式がナンバーワンです

これは何回もこのブログで出している

過去200年間の金融商品の利回りの表になるんですが

たった1ドルが株式に投資をしていた場合約60万倍になっているように

他の金融商品を圧倒的に引き離して飛んでもない利回りを得ているのが株式なのです

ちなみにこの過去200年間で約60万倍となっているのは

毎年利回りが7%で実際に回っているから達成できた数字であって

株式のリターンというのは毎時上下は激しいものの

平均して毎年5%~8%程度の利回りで落ち着くと言われておりますので

上記の5%の利回りというのは別に実現不可能の数字ではなく

ごく自然の数字となります

そして全世界株式インデックス投資は、他の個別株などの投資とは違い

1つのカゴに卵を全部盛るタイプのものではなく

全部のモノに投資が出来る金融商品であるため

直接的な被害をほとんど受けることがないというのがあげられます

日本株だけに投資する日経平均連動やtopixなどとは違い

全世界ですので仮に日本が沈んだとしても

他の国々で十分にカバーすることが出来ます(現在はアメリカの比重が高いですが‥‥)

もちろん相場全体が不景気になり

全体的に下げるときは当たり前ですがインデックス投資も大きく評価額を

下げることにはなりますが

長期的に見て株式はところどころに大きな暴落はあれど

結果的に見れば必ずと言っていいほど

私たち人間がさらに進化をしようとすればするほど

確実に右肩上がりで上がるので

最終的にはほぼ確実に利益を出すことが出来るのです

下手に個人でよくわからない銘柄に資金を投じたり

時間をかけて企業分析等をするよりも

ただひたすらに脳死をしながら全世界インデックス投資をしていた方が

よっぽど大きなリターンを取れるというのは非常に有名な話です

嘘だと思うのなら実際の過去30年のチャートを見ていただければわかるかと思います

過去に数々の相場の大暴落というのは何度も何度も私たちの生活に訪れておりますが

その数々の暴落を受けたとしても、株式は何度も何度もゾンビの様に這い上がり

過去の高値を何回も抜いて抜いて現在に至っているのです

要所要所に大きな暴落がありますが

長い目で見ると、全てその暴落前の高値をどんどん超えて行っているのがわかりますよね?

まさにすごいの一言だと思います

ですが、ここまでインデックス投資のすばらしさを語っておきながら

現実は多くの人は残念ながら、この恩恵を受け取ることが出来ません

毎月コツコツと積み立てて行けば、途中で大きな暴落はあれど

長期的には確実に儲かるのにどうして?

と思うのではないでしょうか?

答えは簡単で、単純にみんな長期投資が継続出来ないのです!

長期でコツコツと積み立てるだけで良いと

言葉で言うのは非常に簡単ですが、実際にこれを実践するとすると非常に難しく

なかなか実現することは困難だからです

多くの人は途中途中にある暴落により

大きく自分の資産の評価額の減少にビビってしまい

そこで損切りをしてしまったり

積立を辞めてしまうからです

こう言っている私自身も例のコロナショックにより

大きく含み損を抱えてしまった時は非常に不安な気持ちでいっぱいでしたので

コロナショックで含み損80万超死にたい‥‥

長年コツコツと積み立てを継続していった最中で自分が暴落を食らってしまったら

本当にその不安は計り知れないと思います

でも歴史が証明するようにそういった局面では絶対に売っては駄目だと言うことなんです

むしろ周りが安くなっているんだから買うべき局面なのです‥‥

長期投資のコツコツ積み立てを絶対に成功させるためには

日々の増減はいちいち気にしないというのがあげられます

そして一定額をひたすら積み立てる

そして仮に大きな暴落を食らったとしても

その瞬間は確かに大きな損失を食らってはしまいますが

その後また時間をかけて戻ってくるのですから

耐える忍耐力が絶対に必要になるのです

耐えた先に大きなリターンが待っているのですから

絶対に耐え忍ぶことが大切になるのです

月2万を積み立てることにより60歳以降で年金+さらに月14万以上(税引き前)も自由に使えるようになる

月約2万の積み立てを成功させた暁には

60歳以降で27年間に渡り

月約14万ちょっとを自由に取り崩せるようになります(税引き前)

お金は墓場まで持っていけない以上

貯まったお金は使ってこそなんぼですからね!

65歳以降~私たちが老人の時には年金を受給できるのは70歳かもしれませんが

そもそもこの老後の2000万問題という数字はどこから出てきたことなのかというと

年金だけでは老後に安定したゆとりのある生活を送ることが出来ないと言うこと

老後に安定したゆとりのある生活をするためには

年金の他にも貯蓄で約2000万程度持ってないと厳しいという世間の試算から

この老後の2000万問題というのは言われ始めたことでした

ですが私が言っている

この月たった2万の積み立てを仮に成功させることが出来れば

元々の年金部分に毎月約14万程度上乗せさせることが出来るようになるため

大体月に使える金額としては約30万程度は使えるようになるかと思います

贅沢を何も考えずにしていては例え30万使えようが

100万使えようがキリがありませんが

普通にゆとりのある安定した老後を送りたいと思ったら

正直月に30万もあれば十分にゆとりのある生活が送れるのではないかと思います

上記は現在の女性の平均寿命である87歳で計算をしておりますが

男性だったらさらに5年ほど平均的に短命であると言うことを考慮すると

さらに使える金額は多くなるため

計算によるとガチで

月にたった2万を38年間コツコツとインデックス投資に積み立てるだけで

老後の足りない資金を補うだけではなく

正直これのみで老後の資金をほぼすべて賄うことが出来てしまうため

知っているだけでこれはすごいことだと思います

今のご時世、老後に2000万必要であると言われると絶望的に一見思えるかもしれませんが

このからくりを知っていて

長期的に計画を練って取り組むと、実は達成は案外簡単であるため

是非皆さんには今からでもコツコツと積み立て投資をしていくということを強くお勧めします!

ちなみに僕もついにIdecoをまずは毎月23000円ずつですが

積立を開始し始めました

idecoは全額税の控除対象として使えるので非常にお得な制度です

上記の資産残高は0円となっておりますが

すでに僕の口座自体からは23000円引かれておりますので

7月14日をもっていよいよidecoの積み立てが開始いたします

計算上は31年間23000円で利回り5%で回るとすると

税引き前ですが約2000万を超えるので

これのみで老後2000万問題をほぼクリアすることが出来ますので

これから頑張って行きます

このコツコツ積立投資は複利を使った

利回りで長期間回していく投資になりますので

当たり前ですが開始するのが早ければ早いほど

恩恵を得ることが出来ますし、毎月の積立金額が少なく済みます

絶対に誰もがいずれは60歳になる以上

いざ現実に60歳になった時に困らないためにも

僕はみんなに今からでもコツコツと老後の自分のために

積立を始めると言うことを強く推奨したいと思います

というわけで今回は

お前ら月たった2万で老後2000万問題がクリアできるってマジか?ってことでした!

みんなも早く積立投資を始めましょう!

記事が参考になりましたら記事更新のモチベーションが上がりますので

人気ブログランキング

↑応援クリックをお願いします↑

FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX

↑株式投資を始めるなら業界最大手のSBI証券がおススメ!↑

人気ブログランキング

↑記事更新のモチベーションが上がりますので応援クリックお願いします↑