セミリタイア生活は思いもよらない形で終了を迎えることとなりました

どうも…コロナショックで超爆損大損を食らい

まさに今絶望の最中にいるタテヤマです

マジで超ダメージを受けて今週は地獄と言って過言ではない様相でした

来週は更なる地獄を体験するかもしれないと思うと、正直吐き気が止まりません

セミリタイアブログランキング

本来は木曜日金曜日と毎日相場の記事を書き留めておかないといけないのですが

正直含み損が爆裂に膨れ上がっていくのを見ると

胃が締め付けられて苦しく何もやる気が起こりませんでしたので

本日相場がない土日に記事を書いております‥‥

結論から言うと

期間工21カ月で貯金700万を達成し

なおかつ自分で自宅でニート生活を送りながらも最低限の金を稼ぐ手段を身につけていたため

もはや外で底辺労働をする必要がないと思っていて

28才の若さで無謀にもセミリタイアを敢行し

このセミリタイアブログを運営していたのですが

今回の相場のクラッシュを受けてしまい、世間が超不景気となってしまったため

正直もうセミリタイアとか言ってるような余裕がなくなってしまったので

セミリタイアを卒業しフリーランスからも卒業し、また外で底辺労働者として働こうと思います

純粋に金が足りんのです‥‥

もっともっと増やして万全な状態にしないと、どうやっても安心して戦っていけません

副業としてフリーランス的な事はちょこちょこやっていきますが

収入のベースを副業ベースから労働収入ベースに戻そうと思います

安定的に得られる月20万の労働収入がこういった異常事態の時にどれだけでかいことなのかわかりました

マジでコロナショック恐るべしです‥

結果的に僕は最悪なタイミングで投資をやってしまいました

日経平均もダウもすべてが超絶暴落し

僕も超暴落の痛手を負うことになりました

今までの様にデイトレで少額を抜いていて満足をしていればよかったのですが

市場が超暴落をしているのを見計らって

ついにチャンスが来たと思って、本気で買い向かってしまったのが運の尽きでした

一気に円高に振れ多くの人が儲けることが出来たFX

よく相場の格言にこういった類の言葉がありますよね?

ピンチの中にチャンスがある

人がやらないことをやってこそ勝利がある

人の行く裏に道あり花の山

もちろん相場をなめていたわけではありません

ここまで来るのに本を読み、自分なりに相当勉強をしたつもりで臨みました

だからこそ私はこういった市場がパニックになっている時こそ「強く買い」だと思って

絶望の中を買い進んだわけですが、現時点の結果としては超惨敗という結果になってしまいました

市場のパニックは私の想定を完全に超えておりました

大惨敗です、認めるしかありません

僕は現時点では完膚なきまでに負けております!

僕は糞株ナッツを59円で8000株抱えた状態で

日経平均が20000を切るタイミングで200万の買い

そして19000で80万程度の買いを入れて

その時点のチャートでは限りなく底で入った感じは確かにありました

24000あるいは23200からほぼノーリバでフリーフォールで19000まで落ちているのですから

誰が見ても一回は底をついたと思うじゃないですか?

日経平均PBRの1倍を切る水準は19700とかだったと思いますし

日銀が赤字になるのも19500のはずです

その中を20000~19000で335万入った僕は、かなりの確率で底で入れたと思っていました

ですがガチの超暴落はその後でした…

3月11日時点の引け↑

↑3月12日時点の引け

僕が市場の暴落を見て本気で買い向かったのは3月9日と3月10日です

でもそこは結果的にみたら底でもなんでもなく、さらに売り込まれて

今ではガチで死にそうなところまで来ました

 

↑3月12日夜間 市場が完全にパニックに…一時ダウが2300円日経が1700円とか下げてる瞬間もありました‥

真の暴落が本日13日に来たのです

マジで絶望と言うしか他ならない下げです

こんな下げに出くわすなんて

もう僕の投資人生でそうそうないぐらいの爆下げを相場デビュー間もない自分が見ていることが

信じられないぐらいの爆下げでした

僕はリーマンショックを体験したわけではなく、本でしか知らないわけですが

そのリーマンショックすら完全にこの瞬間は超えていたと思います

たった数日で見たこともないぐらいの含み損に膨れ上がってしまい

もはや諦めムードになっています

特にこの日の11時ごろの状況はヤバく

一時含み損が75万を超えました‥‥

恐怖指数も75と跳ね上がり、多くの人がここで耐えきれず投げたと思います

結果的に最終的に多少戻す展開になったのですが

それでも現在こんな有様になっていて地獄絵図なのは変わりません

3月13日時点引け (現時点の状況)

僕はもう一度言いますが、暴落前から入っていたわけではありません

一度目の暴落が来た時に入って速攻逃げて

2度目の暴落が来た時にその暴落のタイミングで買いで入ったのです

ですので普通の暴落前から株をやっていた人に比べて

まだ圧倒的に傷が浅いはずです

でもそれですらこの大ダメージです‥‥

もし仮に暴落前からずっと株をホールドしている人がいたとしたら

多くの人は資産がおそらく30%~50%はなくなっていると思います

正直どこまで下げるのか?もうわかりませんが

日本がクラッシュすることも考えておくと

最悪で日経平均5000円になるのも正直頭の中に入れているので

もはや絶望です

それなら売ればいいだろうという声をあるかもしれませんが

まだ戻るかもしれないという希望を少なからず捨てきれてないですし

私自身マジで今の株価の値段自体があり得ないぐらい安いと思っているので

損切りも敢行できず、マジで地獄の状況となっております

結果的に現在、自己資金の約7分の3が完全に拘束されることとなりました

しかもこの拘束はいつ解かれるのかわからない呪いの拘束となってしまいました…

僕は現物で買っておりますし

まだ450万ぐらい生活費を含んだ上での余力はありますので

この335万の株がいくら暴落しようが生活が破綻するようなことも

即ホームレスになると言うこともありませんし

日雇い派遣とかに落ちることもあり得ません

仮に今持っている株が全て価値がなくなってしまったとしても

僕の置かれている状況としては

ただ僕がスバル期間工

に行く前の状態に戻るという感じですので

相場で全てを失うという状況にまでは行かないのですが

それにしてもめちゃくちゃキツイ状況です

株式投資デビューをしていきなりこんな地獄の相場を体験するとは思いもよりませんでした

タイミングが悪すぎたと言わざるを得ません

335万しか入れてないのにたった数日で75万も含み損が出来るとは‥‥

株とはここまで一気に下がることがあるんだとある意味感心いたしました…

FXならポジション管理さえできれば株ほど負けない

ずっと株式投資に憧れていました

僕は昔から純粋にお金持ちになりたいという思いがありました

お金持ちになってお金で苦労をするような生活はしないで

いつか家族で一緒に楽しく笑顔でいられるような生活をしたいと思っていました

自分自身の人生を振り返ってみても、色々ありましたが

家族との仲も非常に良好で

最近はようやくそのお金持ちになるための最低限の準備自体は出来てきた感はあったのですが

今回のクラッシュでそんな自分の認識がまだまだ甘いと言うことが分かりました…

僕は今の様にある程度のお金がなかったときも

相場自体には入ってはいませんでしたが

いつか金を持った時に絶対に相場で大きく稼いでやろうという気持ちがあったので

こういった株式や仮想通貨とかのチャート自体は期間工時代からずっと見ていましたから

個別銘柄の値動きとかも自分がチェックしている範囲の銘柄で見ても

今の水準は私の認識ではギャグみたいに安いとはっきりと言えます

故に今のこの安いタイミングで株の買い増しもはっきり言ってしたいと言えばしたいです

最大で後350万ぐらいは買い増しだってやろうと思えばできます

生活費なんて最低限100万もあれば余裕だと言うことはわかっていますからね

まずは100万貯めてみろ!そうすれば人生が変わる

でも自分がいくら安いと思っていても、肝心の指標となる日経平均やらダウ自体が下げてしまうと

それにさらに連れ安して下げられてしまうので

もはや自分の中の基準は今の相場状況では全く当てはまらなくなってしまいました

今日経平均が17400ぐらいですので、これが仮に今後日経が6000円とかまで下がることを想定すると

株価は現時点の3分の1かそれ以下になっていることでしょうからね‥

もはや訳が分からない状況になっているでしょう

ただ僕は何回も言いますが、今の時点でも

すでに今の株価水準は「余りにも安い」と思っています

でも私自身は現時点の株価でも十分安いと思って買いたいと思っているのですが

買ってしまっても、市場の恐怖の方が株価の割安感よりも圧倒的にでかいため

絶対にどうせ売られてしまうので怖すぎてナンピンすらできないのが

困ったことなのです

ナンピンしたくも出来ない‥‥

困った話です

何回も損切りをしようと思って耐えた地獄の金曜日

本来コロナショックの前は僕の資産は785万ありました

仮にナッツを買ってなかったら最大時792万になっておりましたし

スバル期間工を満了した時点で

僕の貯金額としては703万でしたので

家でニートをしながらも自分で親に生活費を入れていながらも

自力で約82万も貯金を増やしていたので、独身である自分は

はっきり言ってもう何が起きても大丈夫だと思っていましたが

ほんのスケベごごろで貯金を800万とか900万に一気に増やすチャンスが来たと思って

335万突っ込んだ結果、この有様ですわ…

800万どころか最悪の場合500万すら視野に入ってくる展開になっています

セミリタイアが遠ざかる

現時点で785万→722万まで下げられてしまったので(最大損失時710万)

これから日経の匙加減一撃で

余裕で700万を切る水準まできていますので

現状のポジションを切るのか切らないのか判断が難しいところまで来ています

正直もう耐えきれず、13日には何度も損切りをしようとしては耐えていました

目の前にある75万の損を確定させたくないという思いと

まだ仮に掘られたら結果的に75万を切ってさらに下で入った方が

多くの株を買えるようになるのではないか?という思いで揺れ動きましたが

僕は損切りをせず踏みとどまりました

それを判断した理由は

僕自身が今の株価がどうしても安すぎるとしか思えないということと

自分が切ったところが結果的に底になってしまったらめちゃくちゃ悔しいという思いとか

色々ありましたが、結果的に僕は損切りをせずに耐えることにしました

正直どこまで耐えられるかわかりませんが、さすがに底打ったと思っているので

ここからリバウンドすることを祈りガチホで耐えることにします

資金管理を徹底して行かないとガチで相場では死ぬという話

以前僕はこういった記事を書きました

株式投資で専業で行くなら一体どのぐらいの資金が必要か?

この記事、自分では正しいことを書いていると思っていたのですが

それはまだ市場が正常に機能している時は話であり

今回のような超暴落時には当てはまらないと思いました

私自身が今回のコロナショックの超暴落を体験して思ったのですが

貯金700万で株式投資で戦っていくのは正直厳しいと思いました

FXならまだ比較的少額でも勝つことは出来る

もちろん700万で100万とか200万とかの勝負をするなら余裕なんですが

これをさらに増やしていって500万600万の勝負をするとなると

今後正直700万では全く足りんだろうと言うことがつくづく理解できました

なんというか相場で勝つためには常に心に余裕の気持ちを持っておくことが大切で

全力勝負をするとなるとレートがでかくなると冷静な判断力をなくしてしまうと思ったからです

相場をやったことがない人が思うこととして

例えば700万ある状態で600万突っ込んでいても

残り100万あるでしょ?

って簡単に思うかもしれませんが

実際に暴落を食らっている状況に直面すると

全く違う気持ちになり

残りたったの100万しかない!という気持ちになるのです

相場で勝つためには圧倒的に資金に余裕がある方がどう考えても有利だと言うことが

今回つくづくわかりました

それで言うと私の資金785万ごときでは、ただの雑魚だと言うことがよくわかりました

785万のうち335万を入れて含み損75万食らってる時点で動揺してしまっているので

これが動揺しないためどうすればいいのか?と考えると

私の場合

大まかに1200万ぐらいの資金があって、これに335万入れて75万含み損を抱えているという状況だったら

ここまで動揺をしていなかったと思うので

やはり資金力の大きさは相場で勝つためには超重要だと言えるでしょう

上手く言えないのですが

平常心を保てるか?否か?というのが重要で

それで言うと自分は335万の投資額に対し75万の含み損で平常心を保てていませんでしたので

現時点の785万の自分では335万という勝負は若干大きかったと言わざるを得なかったと思います

よく投資をする際に

投資をする資金と他の生活費などの比率を考える機会があると思います

よく言われているのは年齢が若い人の方がまだまだ損失を

時間と労働で補填していけるのでリスクを多くとるべきであり

逆に年齢が高い人はもう時間がないため

リスクをそんなに取るべきではないと言われています

比率で言えば

30才だと投資と生活費の割合を7対3とし

これが60才だと投資と生活費の割合を4対6にすべきとかよく言われていますが

僕はこれは正直難しいと思います

なぜなら僕の場合だと

この通りにすると現時点で投資に550万まで突っ込めるという計算になるからです

現時点で335万で75万の含み損を抱えて死にそうになってる男が

550万突っ込んでさらに暴落をくらって250万の含み損を抱えるかもしれないとなると

正直しんどいですよね‥‥

この比率は人によると思いますが

僕自身は今投資と現金の比率を

3対4の比率でやっていますが

通常時ならまだしも今回のような暴落時には

この比率であったとしても投資の方が気になって気になって

他のことが手につかなくなってしまうので

本当の意味で万全を期すなら

現金と投資の比率を3対1あるいは4対1ぐらいにしておくのがベストなのかもしれませんね‥‥

FXとか株の信用取引で破産する人の特徴として

このリスクの取り方が完全に自分の許容範囲を超えているというのがあります

相場で最も大切なことは相場から退場しないで居続けることだと僕は思っています

チャンスは生きている限り何回もやってくるから

そういったチャンスの時にすぐに動けるように常に資金管理は徹底しておかないとなりません

そういった意味でまだまだ金を増やしていかないと

とてもじゃないが戦っていけないと思いましたね‥‥

セミリタイア的な生活はしますが労働を復活させて補填していきます

今回のコロナショックで株式投資をするためには

まだまだ金が足りないと言うことが分かったので

ここで誰もがノーリスクで100%金を手に入れられる方法である

労働を復活させてさらに資金を増やしていこうと思います



僕が働いて資金を増やす理由としてはもはやただ一つです

それは

もっと株を買うために他なりません

僕は何度も言っていますが、金持ちになるためには資産を持つ必要が絶対的にあると思っています

その為の資産とは株式や不動産に他なりません

もはや日々の生活とかに困るような次元は完全に超えている以上

これからの自分の人生はセミリタイアをするために

いかに自分に利益をもたらす資産を多く持っていけるか?にかかっていると思っています

だからこそ今コツコツ買っている株がいつか自分に大きなリターンをくれることを祈って

さらに安くなるならさらに買い増しをするために資金を増やす必要があるからです

もちろん私のことですから、今更正社員とかは一切考えていません

セミリタイアをしたいのですから、可能な限り適当に働いて

嫌になったらやめるという生活をしたいため

派遣か期間工とかの工場で働くというのが

既定路線なんですが

あいにく不況+コロナのあおりを受けて

美味しい期間工の求人が現在壊滅状況になっていますので

現時点では派遣工場に行くという選択肢しかないのかもしれません…

まあそれでも月に20万は稼げると思いますので

副業も並行してやっていて資金をさらに増やしていこうと思います

今回コロナショックで大きな含み損を食らっていますが

僕の気持ち自体は萎えていません

必ずいつか完全にセミリタイアできるように頑張っていきます

その為にまずは確実に貯金1000万を目指し始めますわ!

というわけで

セミリタイア断念!コロナショックで超大損!日経平均ダウ超暴落!無事死亡しましたのでニート卒業して働きます…

でした

タテヤマ君を応援する方はこちらをクリック

まだまだ気力は萎えていませんよ!立て直していきます!

まずは相場に入らないと話にならない!まずは入ってみろ話はそれからだ!