ダウが大暴落しているのでウェルスナビの資産運用の途中報告するぜ

どうも株式投資で期間工で一生懸命働いた月給分の大切なお金吹っ飛ばして

なおかつ糞株ジャンピングキャッチして絶賛含み損抱え中のタテヤマです

この糞株の処理に私は今現在頭を悩ましております

ナンピンをかまして平均所得単価を下げるのか、またもうシカトするのか難しいところですが

皆さんご存知の通り世間はコロナウィルスの影響で

現在相場の世界は阿鼻叫喚となっております

私も今までは期間工でただ貯金をしているだけの見学人の立場から

貯金額700万を超えてついに投資をするプレイヤーの立場となったわけですが

相場に参加をして実に早々にこういった大暴落にリアルタイムで立ち会っているのは

実に刺激が強いこととなり強制的に勉強する日々が続いています

もっと大損している人が見たい人はこちら

大暴落しているのは株だけではなく為替の方でもやばいぐらいの動きが来ており

つい10日ほど前にドル円が急激に円安に振れ一気に112円まで上がり

世間ではこれからは円安の世界だ!

ドル円は120円を目指すだろう見たいな雰囲気だったのに関わらず

まさかの先日3月6日の雇用統計前にはまさかの一瞬104円台になるという

超円高に一気に振られており

まさに最近の相場は余りにもボラティリティが大きすぎます

通貨ペア充実の”DMM FX”!

一言で言えば毎日がジェットコースターなわけですが

毎日極端に動いてしまうため

正直株式にまた復活した余力をぶち込むタイミングを

見計らっているのですがなかなかタイミングがつかめず

こんな今私が出来ることは、現在100万入れているDMM FX

デイトレでちびちびタイミングを見計らって

日銭を稼ぐことしかできない訳ですが

本日はそんな阿鼻叫喚の現在

僕が少し前に始めた

WealthNaviの資産運用が一体どれぐらい

今回の大暴落のダメージを受けているのか?を公開したいと思います

実に皆さんにはメシウマな展開となっているでしょうが

リアルに暴落を受けるとこんなに資産にダメージがくるんだよってことで

ありのままをお伝えしておりますので

これから投資を始める人は判断材料にしてもらいたいと思います

参考記事 ウェルスナビで資産運用を始めました

ちなみにウェルスナビってなんぞやって方は僕が動画で説明しているので見てください

コロナショックのダメージは甚大である

ふう‥‥なんとかかすり傷ですんだぜ‥‥

 

ちなみに僕のウェルスナビの投資資金は10万ですので

これを見るとショボいと思うかもしれませんね…

たった10万かよってwwwwwwwwww

でもここで重要なのは金額ではなく

資産の落ち方を見て欲しいのです

僕は今から約3か月ほど前にウェルスナビで10万円で資産運用を始めました

当初の資金は当たり前ですが10万円です

暴落前の直近近辺の株式の動きを見ていると大まかに堅調であり

私自身も相場の雲行きがおかしくなるのはせめて東京オリンピック後だとばかり考えていました

大統領選挙ではさすがに大幅に動くでしょうが

少なくても日本がオリンピック開催地となっている以上

なんとしてもオリンピックをやり遂げるまでは絶対に意地でも持たせるはずだとばかり思っていました

ダウはまずトランプが再選を狙うために死んでも上げたいと思っていることから

30000は確実に突破するのは既定路線でありさらには33000とかも目指す流れ

日経平均はじわじわと上げていき25000~27000を目指す動きで

上げ切った状態で大統領選挙で一気に揺さぶってくるみたいなことを想像していたため

だから絶対に株式はまだまだ堅調な値動きをするものだとばかり思っていました

事実それを裏付けるかの様に暴落前にこのウェルスナビでの僕の資産は

最高時で10万円が109511円にまでなっていたからです(2月20日時点)

それが現在では何と93961円になっているのですから

落ち方がいかに急なのか実感できることでしょう

じわじわと数か月かけてきて上がってきたものをわずか数日で

余裕で上回るぐらい下げてくるので

マジで下げがめちゃくちゃきつく感じます

ちなみに上のチャートはここ最近のダウの動きです

ダウとは要するにアメリカの日経平均みたいなもんだと思ってもらって結構なんですが

直近で実に暴落していますよね?

将来的にセミリタイアを目指したいと思う方はこちら

僕のウェルスナビも最初の資金が10万であったにも関わらず

一時期109511円なのですから

実に3か月とかの短い期間で9.5%の利回りを得ていたわけですから

そこから現在の93961円を考えると

93961÷109511で実に85.8%となっているので

単純計算でピーク時比べて資産が15%程度すでに減少していると考えると

恐ろしいですよね?

まだ当初の資産が10万スタートだったからこそ

ふう…かすり傷ですんだぜ…ってネタにできていますが

これがもし僕が700万全力で突っ込んでいたとしたら

すでに766万になった後に現在657万とかになっていると言うことですから

結構でかいですよね…

正直なところ、まだ市場では警戒が当分続くと思います

ドル円も株式も私の一個人の意見としては

テクニカル的に見たらどう見ても底なんですが

ファンダメンタル的な意味では全く読めませんので

ここが一見すると底に思えてまだ余裕で掘るのか?

また実際に今が底なのか?わかりませんが

私もタイミング次第でまた参戦していきたいと思います

しかしこれを見るとビビる方もいらっしゃると思います

まあ‥‥僕も正直大暴落に実際に参加をしてマジでビビったわけなんですが

貯金785万のカスが糞株に330万全力投資した結果wwwwwwwwww

こういった急激な相場にビビらない方法も実はあるにはあります

それはドルコスト平均法という投資方法になります

暴落時に効果が絶大なドルコスト平均法

今回のコロナショックの場合

僕が仮に今回ウェルスナビに全力で700万ぶち込んでいたら

現在657万になっていて、なおかつ未だ底がわからない状況の現在において

ぶっちゃけ自分の金が今後600万とか500万とかになる可能性があるのか

と思うと怖くて怖くてしょうがなかったと思いますが

これをあらかじめ暴落が来るものだと投資をする段階で見越して

月に3万とかの定額投資で積み立てていくという風にやり方を変えると

全く暴落が怖くなくなります

そしてこのドルコスト平均法だと仮に相場が下がってしまい

含み損を大量に抱えてしまったとしても

その時点で全体の値段も下がっていることから

必然的に同じ金額で以前と同じ資産をさらに大量に買えるということになりますので

暴落時にはむしろさらに資産を多く買えるチャンスとなることから

ドルコスト平均法で投資をしている限り

大暴落を受けたとしても

全く受ける印象が変わってくることでしょう

こう考えると、やはり資産運用の基本は長期投資が基本であり

暴落時に一気に資産を投入して勝負をすると言うのは

短期的に一気に儲かる可能性は高いものの

どうしても少なからず投機的な投資になってしまうため

ケースバイケースなのですが

正しい戦法として万人におススメするのはこういった長期的に積み立てていく

ドルコスト平均法で考えていくのが最も安定する投資方法だというのは間違いないかと思います

暴落を実際に食らって現状どうなるか全く見えない状態だけどどうするの?

正直、相場に入って早速相場の洗礼を受けてしまったわけですが

まだまだ僕の全然気持ち自体は折れていませんし変わっていません

なぜなら投資を知っているのと知らないのでは将来的に得られる期待値が全く変わってくる以上

おそらく僕はもう生涯投資と向き合っていくであろうという覚悟はできています

その為に僕はさらにidecoの方も口座開設をして

現在申請中ですからね

無職ニートだけど将来が詰んで怖いのでidecoやって人生逃げ切りを狙います

ウェルスナビに関しては期を見計らって買い増しの方もしていこうと思っています

まだまだしばらく様子は全く分からない不安な日々は続きますが

株式投資も為替の方もたとえ相場に参加をしていないときでも

常にチャートの方は見ておいて、儲けられそうなタイミングが来た時に

すぐに入れるように常に資金の方は準備しておいています

というわけで、コロナショックのダメージがどのぐらいなのか?

現状の僕のウェルスナビの途中経過報告でした

ここが底なのか?これからさらに掘るのか?

わかりませんが参考にしていただければ幸いです

タテヤマ君を応援する方はこちらをクリック

初心者が始めてFXをやるなら

「WealthNavi」で資産運用をしてみる