現在貯金額200万~300万の人たちに伝えたいこと!もし少しでもセミリタイアしたい!仕事を辞めたい!と思うなら絶対に使うな!

どうも底辺ニートタテヤマです

今回は現在貯金額が200万~300万ぐらいの全ての人に向けて記事を書こうと思います

現在貯金が300万ぐらいの人に伝えたいこと

私自身が貯金額200万~300万時代を実際に体験しているため

非常に信ぴょう性のある話が出来るかと思いますので

是非今ちょうどそのぐらいの貯金額だという方は

今回の話は真剣に聞いていただければと思います

↓ちなみにyou tubeでも似た内容を話していますので

記事を読むのがだるいという人はこちらをご利用ください!寝ながらでも理解できます!

もちろん人が稼いだお金をその人がどう使おうが、自由であるということはわかっています

他人が口出しする権利は一切ないということもわかっていますが

一個人の私の意見と言うことを考慮して

適当に頭の片隅にでも置いておいて参考にしていただければと思います

貯金額300万はその後の自分を占う大事なターニングポイント!

よくここまで頑張りましたね!

貯金額300万はなかなか貯めることが難しい金額です

あなたは今何歳なのでしょうか?

いえ…何歳とか聞くのは野暮でしたね!

ここまで貯めることが出来たあなたは、今まで一生懸命仕事に取り組み

日々の給料をコツコツ少しずつ貯めてここまで来たのでしょう…

その300万円は紛れもなく、その労働の対価なのです

さて一生懸命300万以上貯めたあなたはこれから何をしますか?

だって300万というお金なんです

生活をより豊かにするために、実に色々なものが買えるじゃないですか?

言っておきますが、お金は持っているだけでは何も意味がありません

お金は使ってなんぼなんですよ!

あの世にはお金は持っていけませんからね!

では車でも買いますか?

あっ!いいゴルフクラブも欲しいですね

いい加減いい大人なんだから、質の高い時計もしないといけないですしね!

ああ…ブランド物の服や靴もいいですね!

男性とは言えオシャレには気を使わないといけませんからね!

美容室も予約しないといけませんね!

いい男は髪型も常に決まってないと不味いですからね!

しかし本当に色々なことが出来ますね!

これが今まであなたが頑張ってきた対価なんですよ!

すごいですよね~300万円って!

‥‥さてと‥‥

わかっているかと思いますが

私がこんなことを心の底から思っていると思わないでくださいね!

これはすべてネタですから!

私の本心は上記をすべて逆にしていただければと思います

まあこのタテヤマブログを見ている読者の方にはもはや言うまでもないことでしょうがね笑

真のリタイアを目指すニート

これまでの労働を無駄にしたいのなら使えばよい!

私は正直に、世間の平均貯金額とかを見て

20代とか30代40代の世間一般の人たちがここまで貯金がないのはにわかには信じられませんでした

それは私が期間工で働き、全く貯金がない状態から

短期間で貯金を増やすことに成功したからという意味もありますが

それにしたって余りにも少なすぎるだろうと思わざるを得なかったからです

この人たちは実はみんな奨学金の支払いがあるから

その債務をすべて控除して貯金額がマイナスになっているのか?

住宅ローンの債務を無理やり貯金額に入れてマイナスとしているのか?とリアルに思ったほどです

奨学金で無駄に人生詰むやつ大杉問題について高卒底辺偏差値39が語る

私の経験でお話する限り

普通に真面目に会社に行って働いていれば

貯金額がないとかマイナスとかになる事ってほとんどないと思うんですよ

もちろん普通にきちんとした社会人をして無駄な散財等はしていないという前提ですよ

フリーターとかニートとか昔の私のように働いて給料をもらったのは良いが

それを散財浪費とかしているケースを除いて

普通にやっている限りそこまで生活に困窮するのだろうか?と思うからです

でもどうやら世間一般ではそういった状態に陥っている方が非常に多く

一人前の社会人であるかとかどうか?ということは関係なく

ごく普通の人でも生活するのに手いっぱいで、貯金なんてする余裕すらないぐらい

カツカツな生活をしている人が世の中にたくさんいるのです

もちろん住宅ローンや奨学金などの債務を除いてですよ

そういった大きな金額の債務がなかったとしても普通に貯金なしが世間にありふれているのです

住宅ローンを組んで持ち家を買うのはは絶対にやめよう

当たり前ですが、住宅ローンや奨学金の債務があったとしたら

さらに状況はまずいことになるのは想像するのが容易でしょう

全く恐ろしい世の中ですが

そんな恐ろしい世の中であなたはこれまで血のにじむような奴隷労働を耐えきり

一生懸命働いて貯めることが出来た300万という虎の子のお金を

そんな安易に使っていいと本当にお考えなのでしょうか?

言っておきますが、それを使った瞬間に

あなたが将来的に仕事を辞めることが出来る可能性が一気に激減し

またしばらく強制労働を強いられることになります

それでもいいのでしょうか?

そういったことをその大切なお金を使う段階で考えて欲しいと思います

多くの人が安心し散財してしまい、元に戻ってしまう貯金300万の壁

とまあそういったことを言っても、300万というお金です

率直に言って大金ですよね‥‥

これまで色々と我慢をしてきてからこそ

そこまでのお金を貯めることが出来たという裏返しになるのですが

事実世間的に見てもこのぐらいの金額でひとまず安心をしてしまい散財をしてしまうパターンが非常に多いのが現実です

私も何人も色々な方を見ていますが、この貯金300万の壁に跳ね返される人

もしくは勝手に自らの意思で跳ね返されている人が実に多いことでしょうか?

貯金100万を貯めれば人生が変わる!と私が前に記事で書いていますが

貯金100万と言うのはあくまでも自分の生活の基盤を安定させるための導入段階にすぎません

300万を貯めるというのは当然この貯金100万の壁を越えてきているでしょうから

自分の意思で収入>支出を徹底できるようになっているでしょうから

将来的に資産構成をするということを考えると

ひとまず「最低限の壁は超えてきている」ということは間違いないでしょう

そうでないと、絶対に300万に到達することは出来ませんからね!

ここまでたどり着けたのは100%あなたの努力の成果です!

ですが、勘違いしてほしくないのは

もし少しでも出来るかぎり若いうちに会社を辞めたいとかお思いでしたら

ここで絶対に使って散財するわけにはいかないのです!

もう一段…いや…もう2・3段上の次元に行かないといけないのです

それだけはわかってください!

仮に一生社畜でいてもいい!というのなら私から言うことは何もないですが

心の中に少しでもいつか独立を!とか

会社を辞めてセミリタイア生活をしたい!とお思いなら

絶対に貯めたお金は散財してはならないのです!

事実多くの人がここで大金を散財してしまいます

それは300万と言うお金が大きいお金であって

大きい買い物をしても生活に困ることがないと

自分自身で実感できるようになっているからこそ

大きいお金を散財してしまうのです

車を買ったり海外旅行に行ったりブランド物や高級時計など

色々と使いたくなる理由もわかります

個人のお金の使い道など私などがいちいちアドバイスする筋合いないですしね‥‥

きっとタテヤマうぜぇとお思いのことでしょう笑

それぞれの各人の事情は存じませんが

おそらく今までそういったものが欲しかったから

それを目標にしてここまで節約して我慢して貯めてきたでしょうからね…

ただ何となくで貯金300万を貯める人の方が少ないと思うからです

でも私の経験上、そういったモノで満足が出来る感情と言うのは

あくまでも買ってからわずかでしかありません

すぐにまたいつもの日常がやってきます

感情が覚めてしまっても日常生活というのはまた同じようにやってくるのです

そして結果…感情が覚めてしまい現実に戻った私たちを待っているのは

一生懸命貯めた300万が大幅に減少してしまっている現実が必ず待っています

日本はワーキングプアの底辺正社員が多すぎるという件について

またコツコツ貯めればいいとポジティブに考えるかもしれませんが

そもそもそこまで貯めるまでに今まで一生懸命頑張ってきたのに

また一生懸命頑張って、同じぐらい頑張った先に

たどり着けるのが以前の自分がすでに所持していた貯金額って

結構精神的にきつくないか?と思うんですよね…

たとえその場で欲しいと思っていたものを買って興奮したり

満足感を得ることが出来たものであったとしても

時間が経ち、ふと冷静になれば買わなくても結果的に良かったなと

思ってしまったものを買ってしまったが故に

以前は300万持っていたのにまた100万まで下がってしまって

また一生懸命働いて300万に戻したところで

それを買わなかった未来を創造すると

本来なら450万とか500万を所持してであろうことを考えると

ちょっと後悔の念が出てはこないですか?

私は何回も言っておりますが

この世の中は資本主義社会です

とにもかくにもお金が重要なアイテムであり

お金の有無によって自分の生活スタイルや

自分の時間ですら買い取ることが出来るようになります

私も実際に貯金を頑張ることにより自分自身の時間を買取り今ニートすることが出来ています

タイムマシンとかもリアルにある時代になるかもしれない

と言うことは、一生懸命働いたお金というのは

自分の人生を切り売りして得た大切なお金であるということです

そのお金を持って自由になり、今後の自分の人生を切り開いていこうとしているのなら

こんなところで散財なんてできるわけがないと思うんですよね!

もしどうしても欲しいのなら、もっともっとお金を貯めて

資産でお金を生み出せるようになってからでも手に入れればいいと思いますし

実際金があればちょっと資産を回すだけでも馬鹿にならないお金になる!私も100万入れて実感しています

 


そこまで待って欲しいものなら本当に自分にとって良い物でしょうから

素直に買えばいいと思うんですよ

そこまで待っても気持ちが萎えずに欲しいと思っているんだから

きっと買ってよかったと心のそこから思えることでしょう…

でも多くのものは本当にあなたが欲しいものではないと思います

世間の風潮やトレンドや流行、みんなが持っているから!とか

そういった理由で何となく買っていることがほとんどだと思いますので

そういった自分にとって本当に必要ではないものを買って

散財して、自分が一生懸命働いた命の金を使ってしまうのは本当にもったいないと思います

貯金300万の壁は特にこうした外部的誘惑と自分の欲求との戦いになります

底辺正社員になるぐらいだったらそこらの期間工でもやった方が圧倒的にマシ

事実300万は大金ですから、自分が望めばほぼ大抵のものは手に入れることが出来ます

だから多くの人が自分の一時的な欲求を満たすために使ってしまいますが

ここを乗り越えていかないと、さらに資産を増やしていくことなど絶対にできません!

事実ここで耐えてさらに貯めれば次は500万が見えてみます

500万が見えてくればすぐに700万とかになりますし

そこまで行ければいよいよ1000万です

私も現在このステージにまで来ています

1000万もいずれ超えることはほぼ間違いありません

貯めれば貯めるほど、次のステージに行くのは容易になることですし

さらにストレスもガンガン減っていきます

ですから300万にせっかくたどり着いたのに

ここで一気に100万とか0円とかに戻るのは本当にもったいないと思います!

もう一度言いますが、自由になって仕事辞めたいとかセミリタイア生活とかしたいとお思いなら

絶対に私の話を守った方がいいです

実際私の期間工時代を振り返ってみても

一部上場企業の正社員連中ですら貯金1000万を持ってる人はほぼいませんでした

正社員なのに貯金100万すらないような人が多く

彼らに共通しているのは良い車や良い家、良い服、良い酒でした!

当の本人たちは自分で稼いだ金をどう使おうが勝手ですし

事実たくさん稼いでいるから、また稼げばいいと思っていることでしょうが

私から言わせれば、ちょっと4年ぐらい我慢すればすぐに1000万ぐらい貯まって

その金を持って、そもそも労働自体から抜け出すことも可能だと思うんですが

彼らにはそのような考え方は持ち合わせていない様でしたので、非常に残念に思っていました

スバルで期間工やってるときも300万貯まったから車を買おうとか言ってる新卒2年目の子とかいて

本当にもったいないと私は思っていました

車を新車で購入することほど無駄な買い物はないと思う底辺期間工

その2年目で300万を貯めることが出来る環境にいるということが

一体どれほどセミリタイアをするのに適しているのか?彼らの考えにはないのです

この考え方を持っていれば、無駄なものを排除できるようになり

自分に本当に必要なものだけを買うという考え方が身につきます

そうなればさらに貯めるスピードは加速することでしょう!

これは私が実際に貯金300万の時に実践していた方法です

色々誘惑はあることでしょうが、この考え方をぜひ実践してはいかがでしょうか?

貯金300万今お持ちの方は、この考え方をする事で

すぐに500万の壁や1000万の壁にだってきっと手が届くことでしょう!

と言うわけで

現在貯金額200万~300万の人たちに伝えたいこと!

もし少しでも若いうちに仕事を辞めたいと思うなら絶対に使うな!でした!

私が考えている一個人の考え方にすぎませんが

実際にそれで私は貯金に成功しているため参考にしてみてくださいね!

私は現実に21カ月間の期間工で貯金700万を貯めて今ではセミリタイア生活的なことを送っています

働きたくないならちょっと頑張って貯金さえ作れば別に無理して働かないということもぶっちゃけ余裕です

 

私も今100万ほど入れて運用中!一日数千円とかなら普通に抜けます

他の人のセミリタイアブログも見てみる

人気ブログランキング

↑応援クリックお願いします↑