奨学金で社会に出る前に自ら借金作って人生詰んで人生終わるやつ大杉問題について底辺高卒が語る!

今日は大まじめに奨学金について私の考えを話したいと思います

まずこの記事にたどり着いた人に基礎知識としてお伝えすることですが

最初にですが、私は高卒で大学受験すらしたことがありません

大学に行くこと自体は興味がありました

でも私自身が底辺高校だったため頭が悪かったということもありますが

それ以上に将来自分が何をしたいのか全く分からない状態で、ただみんなが何となく大学に行っているから大学に行こうという流れで行く意味が分からなかったのと、ニキビによる視線恐怖症と対人恐怖症により大学に行くどころではなかったのが当時の正直なところです

そんな私はFランク大学であろうと行っておけばよかったと

今から数年前までは思っていましたが

今ではむしろ大学に行っていなくて本当に良かったと思っています

Fランク大学でも大学なら行っていた方が良いのか?

それは大学卒業資格をもらうという「ただそれだけのため」

それに伴い自分が背負うリスクがあまりにもでかすぎると思ったからです

優秀な学生ならいざ知れず、私のようなごく普通もしくは人より劣るような学生が

大学に行ったところで得られる価値に

そこまでの価値がないと、今の自分ならはっきりとわかるからです

なぜそう考えたのか?今回は私の見解を述べていきたいと思います

最初にFランク大学であったとしても大学に行っておけばよかったと思っていた時の話をします

まず私は当初はFランク大学であろうと行っていた方がいいと信じていました

これはなぜかというと、これは就職関係に他なりません!

腐っても大卒という言葉もある通り、まさにそうなんです

まともな就職先を考えると高卒と大卒ではそもそものベースの給料が違うという点がありますから

給料をたくさんもらいたいと思ったらベースの給料が高い大卒の方が有利に決まっています

また大卒限定しか応募できないような求人も多数あり、高卒の時点でふるいから外されて

挑戦すらすることが出来ないという点も多々あるからです

また高卒だと結構職種自体も限定されてしまい

営業とか工場とか運送とか介護とか小売とかアパレルとか

まあそういったものにつくのが大体の流れなのではないでしょうか‥‥

まあここまでは誰もが思いつく大卒と高卒の違いでしょうが

個人的に最も自分が大卒で無くて後悔したのは

日雇い派遣の糞人生から、人生を変えるために受けた東京消防庁の試験です

底辺高卒の底辺ニート引きこもりが人生を変えるために東京消防庁に挑戦した話

東京消防庁では受験資格が大卒卒業程度となっている1類試験があり

試験を受けること自体は高卒でも受けられるのです

でも実際のところ東京消防庁1類では高卒で受かることはほぼなく

受かる人はほぼ確実に大卒であるという点があります

もちろん高卒でも受かる人はいるかもしれませんが、私が知る限りでは受かった人は全員大卒ですし

高卒で受けている人も(2ちゃんにはいましたが)リアルでは知りません

私は通算東京消防庁の面接にまで3回行きましたが

結果的に全て面接で落とされました

皆さんご存知の通り

tacや大原など公務員試験の専門学校とかがありますが

そこでは実力試しの意味で東京消防庁の公開模試とかを実施しているのですが

私はそうした東京消防庁採用試験の模試とか受けていてわかっているのですが

受験者の大まかな教養試験の平均点とかも大方わかっています

毎回大体どのぐらいが平均点となるのか?

また教養試験を突破するためにはどのぐらいの点数が必要なのか?私はわかっています

それによると教養試験の点数も私の点数は平均点よりも全然良かったはずなのですが

面接で結果的に何回も落ちてしまったので

自分が落ちた原因は学歴にあったのではないかと当時は思い、そして今でもそう思っています

そもそも22歳の時点で大卒と高卒といった違いだけで

そこまで人間の能力差に大きな差がでるとは個人的にはとても思えません

ましては公務員試験の中で体力面が特に重視される公安職での消防士です

教養試験の難易度は行政職みたいに専門試験があったり有名大学の連中が押し寄せるようなレベルでは決してなく

普通に大学まで勉強して来れば解けるような問題ばかりで

正直センター試験の方が問題レベルは全然高いと思えるぐらいです

東京消防庁の試験は教養試験と論文試験が一次試験

2次試験が体力試験と面接試験です

体力試験に関しても、私は体力面に関しては試験の数か月前からしっかりと鍛えて

本番でも全く問題なくクリアいたしました

よって私が落ちた原因は面接しか考えられないということになるのですが

面接の倍率は大体2分の1~3分の1ぐらいだったと思います

2分の1以上と聞けば結構な難易度だと思われるかもしれませんが

それにしたって3回挑戦して3回とも落ちる確率の方が低いのではないかと思います

最後の方とかの面接はリアルに人生を賭けて挑戦したのを覚えています

全身全霊で全てを賭けて東京消防庁合格に賭けた日々

こんなに頑張ったことは私の人生で無かったというぐらい頑張った思い出があります

確かに私の経験が当時バイトと日雇い派遣しかしたことがなく

同級生の大卒連中と比べて、人に話せるような経験をしてきたとはとても言えません

それにしたって3回連続で面接で落とされるのはどうなんでしょうか?

理由は正直全くわかりませんが、個人的にはこれは間違いなく学歴フィルターで落とされたのだと思っています

名前を書いて金さえ払えば入れる糞大学であったとしても腐っても大卒なんだと実感した出来事でしたね

これが私が「Fランク大学であろうと大卒でありさえすればよかった」と唯一後悔した話になります

多分Fランク大学でも卒業さえしていれば

おそらく現在の私は東京消防庁で消防士として活躍していたであろうからです

これが私が本当に人生レベルで高卒で後悔した話になります

大学に行っていなくても結果的に全く問題なかった!

公務員試験を落ちてしまった時は自分が大卒ではないということを後悔する日々が続きましたが

その感情は後に吹っ切れることになります

それは中卒でもなれる期間工でとにかく貯金を頑張ったことで

20代の年齢の割には現在かなり高めの貯金額を所持することが出来て

そこらの大卒の人たちよりも現時点では経済的に上になることで

自分の中で学歴の悩みは完全に解決することが出来ました

底辺期間工が21カ月の奴隷期間工生活を経て貯金700万を貯めて底辺を抜け出した件について

世の中は汚い言い方になりますが、金の有無で何とかなる点が実に多いのです

1億持ってる高卒の金持ちに300万しか持ってない大卒がいくら吠えても

滑稽になってしまうように、結論は結局金なんです!

という意識を持って考えてみると

私の人生において、重要なのは大卒であるか高卒であるか?ということよりも

いかにして金持ちになるか?そして自分の好きなことだけをして生きていきたい!

ということの方がよっぽど大切だったのです

それを実現しようとすることに、自身が大卒で無ければならないということは全く関係なかったんですね…

社会に出たときは確かに大卒というものは重要な武器になるかと思います

でもそこから数年たってしまえば、大卒であるか?高卒であるか?なんてことは

ほとんど関係なく、自分自身の選択肢によって全然その後の人生が変わってくるということが分かったからです

大卒であることが明らかに有利なのは新卒時と第2新卒時ぐらいの時で

後は正直高卒とそこまで違いがあるか?と言えばそこまで明らかに違うとは言えないと思います

(まあ資格や就職などで大卒区分を受けられる点は大きいですが)

これが私が大卒で無かったとしても結果的に全く問題ないと言っている理由になります

と私事について、べらべらと語ってきましたが

いよいよ本題になる奨学金について私の見解を話していきたいと思います

奨学金を借りてまで大学に行く意味が本当にあるのか?考えろ!

明確に大学に行く理由があって、大学卒業後自分が何をしたいのか?

自分はどういった職種についてどういったキャリアを歩みたいとか

明確なビジョンがあるならば、奨学金という制度は良いと思います

ただ問題になっているのは、そういった明確なビジョンが全くない癖に

ただみんなが大学に行っているから何となく‥‥

やりたいことがないからただ何となく…

しばらく遊びたいから大学行きたい…

とかこういった理由で大学に行く方があまりにも多すぎるということなんですね

ましては奨学金を借りてまで行くとか、本当に愚の骨頂だと思います

社会人をスタートした瞬間に奨学金により数百万の負債を抱えさせられる

まあ、親が金持ちで大学の学費も全部出してくれて、仮に地方に住んでいたとしたら

上京して生活するための家賃も出してくれてとか

そういった裕福な家庭のお坊ちゃんやお嬢さんは親に甘えればいいと思います

親が金をどう使おうが何も口出しする権利は他人に何もないからです

まして自分の子供のためにお金を使えるなら本望と思える親が大部分なのではないでしょうか?

ただ問題なのは、親の経済状況が全く良くないのに関わらず

そういったことを考えず、安易に何とかなるでしょ?

見たいな感じで奨学金を利用する人が多すぎるって話なんですよ!

まず大学4年間の学費だけで大まかに400万~500万はかかるでしょう

それに4年間の生活費だってかなりかかるはずです

バイトで多少賄うとは言っても、まあたかが知れてますよね?

親の負担が一切なしと考えたところ

学費+生活費で4年間で大まかに1000万とかリアルにかかってくると思うんですよ!

貯金1000万と聞くと、相当大きい金額だと感じるように

1000万って事実めちゃくちゃ大きい金額なんですよ

これは裏を返せば1000万で大卒資格を買うということに他ならないと思います

もう一度言いますが、明確なビジョンがあるならば全く問題ありません

親が金持ちのケースでも問題ないでしょう

ただそうではない場合

本当に1000万かけてまで大卒資格が欲しいのか?ってことを考えて欲しいんですね

奨学金は現在大体2人に1人が借りているというデータがあるように

この話が日本の大学生なら極当たり前にありふれている話なんです

奨学金はいくら借りるかは人により変わってくると思いますが

大体最低でも300万

多いと国の教育ローンとか併用している人なら700万ぐらい借りている人も結構いますよね?

これはローンで長期的に返すから問題ないと思っているかもしれませんが

とどのつまりは借金なんです

社会人スタート時点ですでに最低300万とかもしくは700万800万とかの借金を抱えた状態で

スタートするって結構ハードモードだと思うんですよね?

私が推奨しているように、まず貯金100万貯めろ!そうすれば人生が変わるという

話がありますが、100万貯めるのだって最初のうちは相当にツラいんですよ

それがいきなり-300万スタートとかそれ以上を抱えているとか

マジで鬼の難易度だと思います

自由とは全く対極の生活になって相当に苦しむ羽目になると思うんですよね

奨学金のせいで人生詰んだ!

だって奨学金返さないといけないから、安易に会社辞めることだってできないじゃないですか?

毎月の奨学金や教育ローンの返済もさることながら、自分自身も生活をしていかなくてはなりません

新卒時の給料なんて正直手取りで20万もない人が大多数なわけで

実家暮らしならまだ余裕は全然あるでしょうが、仮に一人暮らしだとしたら

それこそ生活費とローンの支払いを除いたら、おそらくもう相当カツカツの状況になっていると思います

貯金なんて相当頑張らないと絶対に無理であるという状況になっていると思います

もうその時点でしばらく数年間もしくは数十年とかの奴隷生活が確定するわけですよ

まして社会人なりたての状態とかで初めて入る会社とかだって

入ってみないと実際、会社の中はどうなっているかだってわからないじゃないですか?

期間工と同じく会社だって部署とか人間のガチャの要素が非常に強いんですよ?

そして耐えきれず仮に辞めてしまったら奨学金借りているのに関わらず、大卒でありながら

最悪フリーターとかマジで笑えない状態になりますよね?

1000万使ってまでたどり着いたのはフリーターかよってw

そうなったらむしろ高卒で適当にフリーターやっていた方がむしろ良かったな~と

後悔してしまう人が絶対に出てくるはずなんです!

私が一番強く言いたいのは

奨学金を借りてまで本当に大学に行く価値が自分自身にあるのか?よく考えてから借りろ!って言うことなんです

これをよく考えずに、安易に奨学金借りて大学行って、適当に遊んで大学卒業して

その後速攻辞めて奨学金滞納してすみません…とか返せませんとか

自己責任以外の言葉が見つからないですよ‥‥

奨学金を借りるということは、自らに借金と言う重しを乗せるという覚悟があって借りるものであって

ただ何となく、みんな借りているから~とかの安直な理由で借りるものでは絶対にありません

そのことをよく考えて欲しいのです!

「Fランク大」名ばかり大卒の資格を得るために奨学金借りて将来の自分に負荷をかけるのか?

有名私大とかならまだわかります

だけど名ばかり大卒(Fランク大)とかの場合はよく考えて欲しいと思います

大卒資格と言うのが有利なのは新卒時及び第2新卒時に新卒カードが使えるということ

及び大卒しか受験資格がないと取れない資格とか

大卒しか受けられない職種が受けられるというだけのことであって

これは全く同じことが有名私大卒やFランク大学にも言えることです

そこで考えて欲しいのですが有名私大なら履歴書の武装が多少は出来るでしょうからまだしも

Fランク大卒だと履歴書に書いた時に全く大卒のアドヴァンテージがなくないですか?

だって「大卒は大卒で有名私大卒の連中と戦っていく」んですよ?

Fランク大卒でも有名大卒の連中と一緒に面接で戦っていかないといけない!ものすごい劣等感

当然そいつらと比べられるわけじゃないですか?

面接の時に早稲田の○○です

一橋の○○ですとか来た後に

偏差値38のどこかわからん聞いたこともないFランク大の○○です!とか、きつくないですかね?

下手したら、それなら有名高卒の方が印象上だと思いますよ!

そういった連中と同じ土俵で戦わざるを得ないのって厳しいと思うんですよね

また大卒資格が有利なのは結構期間が限定されています

その有利な状況の時に大卒資格を生かせなかった時点で、大卒の資格の意味って相当半減すると思うんですよね

私はこの時点でほとんど大卒の意味はなくなると正直考えていて

そのFランク大卒資格を得るために奨学金借りてまで

自分の人生に重しを背負ってかけるのは絶対に現実的ではないと思っています

ドキュメンタリーとかでよく奨学金の話をやっていますが

大抵が私が今言っているようなパターンに陥って、後悔をしているというケースですね

今は良くても学校を卒業して、いざ返す段階になった時に結果的に後悔している人がほとんどだと思います

奨学金で人生が終わってしまうケースもあるということを自覚しろ!

最近は大学に入るということが極当たり前になりました

大学全入時代と言うことで、誰もが義務教育の延長で大学に入っているような気がします

大学進学率で考えたら今だと6割以上はあるんじゃないかな?

でもだからと言って大学にみんながみんな行くというのは私は間違っていると思います

逆に自分には能力がないとか、自分には大学にいく明確な理由がわからないといった学生は

無理して奨学金を借りて大学に行こうとするよりも

普通に高卒で働いた方が絶対にいいと私は思っています

奨学金で人生詰んだ!社会人いきなり借金抱えてハードモード

こういった話をすると必ず

大卒の方が高卒よりも生涯賃金が高いから、高卒よりも大卒の方が絶対に良い

と言う方がたくさん出るでしょうが

それは普通に高卒で仕事をスタートした人が4年間働いて22歳時点で貯金500万貯まっているのに対し

自分が22歳で大学を卒業してスタート時点で借金500万を背負っているケースを比べてみても

全く同じことを言うことが出来るなら言えばいいと思います

知っての通り金の有る無しは本当に人生レベルで有利不利がはっきりと生まれます

金があるというただその事実だけで大半のことが救われるように

持っていたほうが有利すぎるのは事実なのです

借金をやったことがない人に言いますと

借金があるということは数字以上にキツイものとなります

借金100万と貯金100万は数字上は全く同じ金額になりますが

体感的には借金100万の方が多く感じます

なぜなら借金には金利があるからです

この金利によって、金額もより多く返さないといけなくなるからです

奨学金は国が運営しているから金利が安いからお得とは言えますが

それでも借金は借金なんですよ!

そのことをすべて加味してそれでも奨学金を借りるなら何も言いませんが

多くの人は絶対に安易に借りて自ら自分に重しを釣るしているようにしか私には見えません

私は以前、期間工ブログ時代にも言ったような気がしますが

仮に今自分が18歳に戻れたとしても、大学には絶対に行こうとは思えません

それは自分は無能であるということがわかっているから

大卒資格を得ても大したことは出来ないし、大学に通う4年間のお金と時間が無駄に思えるからです

それなら私は4年間期間工に行って、貯金額1200万で22歳をスタートさせます

なぜなら期間工ならマジで年間300万の貯金も余裕ですだからです!

そしてよく考えて欲しんですけど

同じ22歳で片や借金背負ってスタートするのと、貯金1200万でスタートできるなら

一体その後の人生どちらが有利なのか?想像するに難くないんじゃないですか?

1200万と言えば50代の平均貯金額より上です

それを22歳の時点で持っているのはどれほど有利な状態かわかりますか?

金額じゃない!とかそれでも大卒資格が~とか言っているならもう何も言いませんが

私ならその1200万を使ってさらに勉強して金を生み出しますけどね…

そもそも今の世の中。非正規雇用だって全体の4割ぐらいいるんです

大卒だからって卒業後派遣とかフリーター無職になるケースだって余裕であるんです

大卒後借金背負って社会人を始めて、奨学金を返すために

仕事を辞めてしまったら人生がほぼ詰むかもしれないという

絶対にやめられないという状況で仕事をするのは

半端ない負荷だと私は思います

精神的にも肉体的にも大きな負担となるでしょう

世の中ではそういった負荷を負う羽目になるのをわかっているにも関わらず

奨学金を利用する学生は毎年増え続けています

親の経済状況の悪化や景気の悪化が原因だというのはわかっていますが

もっとよく考えて大学にいく意味とか奨学金を本当に借りる価値があるのか

自問自答して欲しいと私は考えています

奨学金は本人が返せなくなったら請求は両親及び兄弟・祖父母にまで及びますので

そこまで両親とか肉親に請求が行くまで滞納していたとしたら

一括返済とか求められる羽目になっているでしょうから

下手したら自己破産のケースに陥ることもあると思います

無理して大学卒業の資格を得るために奨学金借りて

生活苦でバイトに明け暮れている学生さんも時々見ますが

本業の学業がおろそかになっていてバイトに追われて生活費を稼いでいるのでは本末転倒だと思います

そして奨学金があるが故に卒業後生活苦になり

もしかしたら結婚や子供などを諦めざるを得ないケースも出てくるかもしれません

もっとよく考えていかないとこれはマジでやばい問題だとリアルに思っています

というわけで今回は

奨学金で社会に出る前に自ら借金作って人生詰んで人生終わるやつ大杉問題について底辺高卒が語る!

でした!私の一意見にすぎませんが、参考にしていただければと思います!

みんなよく考えずに奨学金とか借りてますが

それで安易に借金作って社会に出たとして

一体それを回収するのにどんだけ無駄な時間かけるんでしょうかね?

それならさっさと高卒でも期間工でも行って

適当に500万とか貯金して社会人スタートした方がよっぽどいいと思うのは私だけでしょうか?

他の人のセミリタイアブログも見てみる

人気ブログランキング

↑応援クリックお願いします↑