底辺正社員で最低賃金で働くなら適当に工場とかの派遣や生活保護の方がマシ

こんにちはタテヤマです

今回は、底辺正社員で最低賃金で働くなら、適当に工場とかの単純労働派遣や生活保護の方がマシ

について私の考えを語りたいと思います

事の発端は2019年度の最低賃金のランキングを見ていてふと思ったことから始まります

ここ数年、毎年のように最低賃金は引き上げられてはいますよね

知っての通り2019年には東京と神奈川に関してはようやく最低賃金が1000円を超えましたね

それぞれ東京は1013円、神奈川は1011円となりました

ちなみに期間工の実質の時給は1800円超である‥‥

最低賃金以下で働く底辺正社員やるならさっさと期間工池

ちなみに最低賃金の概念ですが

最低賃金とは基本的にはその地域で生活するにおいて

このぐらいは最低でもないと普通に生活が出来ないと国が考えるものであり

生活費が基本的に高いと思われる地域がより高くなる傾向があり

事実ランキング等を見ても、それが明確に見て取れるかと思います

大まかにですが比較的都会なイメージの方に行けば行くほど最低賃金は上がり

過疎気味なイメージがある場所に行けば行くほど下がるということになります

事実、最低賃金のランキングを書き出すと明確にわかりますが

1位が東京1013円

2位が神奈川1011円

3位が大阪964円

4位が埼玉と愛知で926円

6位が千葉で923円

7位が京都で909円

8位が兵庫で899円

9位が静岡で885円

10位が三重で873円となっており

1位~6位ぐらいまでは、私たちがほぼイメージしている通りの順位にそのままなっているのではないかと思います(個人的には10位以内に福岡が入ってないのが意外でしたが)

ちなみに全国で平均を出すと日本の最低賃金自体は平均901円となっておりますが

平均であるにも関わらずその901円を超えている県はわずかに7個しかなく

逆にこれを下回っている県が40もあることに、個人的にびっくりしています

中でも、下位の最低賃金790円のところになんと、全国で15県も密集しており

(青森・岩手・秋田・山形・鳥取・島根・愛媛・高知・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄)

最低賃金自体で考えても、東京や神奈川大阪などの都心部とここまで違うのかと思いました

ちなみにこちらの790円を見ると、ひどいと思われる方がたくさんいらっしゃるかもしれませんが

これでも以前に比べるとかなり改善されていて、マシになっている状態であり

実際、数年前までは時給642円とかだった時期もあったのです(沖縄2010年の時とか)

私が工場で働いている時に、よく地方からの出稼ぎの方がかなりいらっしゃいましたが

彼らがよく話していたことを思い出してみると

地方だとまともな仕事がないとか、給料が安すぎるとか、生活が出来ないとか言っていましたが

これを見ると、地方と都心の格差と言うのはひどいと思わざるを得ないですね

期間工とかが地方からの出稼ぎの人がとにかく多い理由もわかりますね!

ぶっちゃけ生活に必要なお金って家賃以外にはそこまで明確な地域の差はないと思う

最低賃金の概念は、その地域で普通に暮らすだけの最低から算出されるものですが

私が思うのは、地方と都心の違いで明確に明らかに高いと思うものって事実家賃の高さだけであって

他のことを考慮すると、むしろ地方の方がより若干生活費がかかるのではないかと思うのは気のせいでしょうか?

都心だと家賃の高さは確かについては来ますが、それを補ってあまりある利便性がありますよね?

まず交通の便ですが、市営バスやタクシーや電車など、都心だと車はむしろいらないと思えるほどだと思いますし、むしろ場合によっては邪魔だと思うことも結構あるでしょうが(遊びに行っても駐車場がなかったり、渋滞で混んでいたり、車を自由に置けない)

これが地方に行きますと、車は必需品となります

私は以前まで車に関しては車は金食い虫であり所持しているだけで自分のポケットから

お金を奪い取っていく負債だと思っていて、車を所持することは否定的だったのですが

群馬に出稼ぎに行ったときにその考えが若干変わったのを覚えています

群馬のスバル期間工に行ったときに体感したんですが

こちらでは本当に車を一家に一台ではなく、1人1台のレベルで普及していたのです

どこに行くにも遠すぎて不便すぎて、車がないと本当に困るなって思いました

群馬ですらこれなのですから、それこそ九州とか北海道や東北などの地域に行けば

さらに普及するレベルで必須なのは間違いないかと思います

もちろん車自体の所持は持っているだけで

自分のポケットからお金を払わないといけないということですから

富を構築することにおいては大きなマイナスだと思いますが

地方においてはそれがしょうがないのですからどうしようもないかと思います

で、車を所持せざるを得ないわけですから当然それに伴う維持費がかかってしまいますよね?

都心の方でも車を持っている方はたくさんいるでしょうが、彼らに言えることは

むしろ車を手放してしまっても、生活にそこまで支障が出るかと言えば、そこまで出ないと思います

なぜなら交通機関が非常に発達していることにより、最悪車がなくてもなんとかなるからです

それに対し、地方だと車は本当に必需品であり、なければもう生活できない次元だと思いますので

それに伴う固定費がかかってしまうのがかなり大きいと思います

車を所持せざるを得ないことにより、かかる負担は一台当たりでも結構な金額となるでしょうしね

また、車の他にも上げられるのは食品等の値段です

食品の値段と言うのは、全国一律で基本的には変わることはありません

東京で食べるコアラのマーチは110円ですが

これが仮に沖縄でコアラのマーチを食べようと思っても110円なのです

生活に必要なお金で絶対に削減できないものは

家賃と光熱費と食費ですが

確かに家賃が都心の方が地方に比べて高いのは間違いありませんが

光熱費と食費に関しては地方だろうと都心だろうと同じぐらいかかってしまうでしょうから(むしろプロパンガスの分地方の方が高い!)

車が必須である地方は、その分の固定費がかかってしまうことから

正直家賃の高さや低さを考慮しても、賞味地方だろうと都心だろうと

生活に必要なお金ってぶっちゃけ全然変わらないと思えるのです

最低賃金から考慮すれば、むしろ割合的に見てどう考えても

地方の方がむしろ生活費に占める割合と言うのは大きいと個人的には思うのですが

にも関わらず、東京と沖縄で最低賃金で見ても223円も開きがあるのはやはり厳しいと思います

正社員でありながら最低賃金以下で働いている奴隷があまりにも多すぎる件

よくテレビとか2ちゃんとか見ていると、底辺正社員の方が

自分の給料を時給で換算したら最低賃金を余裕で割っているとかいう話を聞きますが

これは別段珍しいことではありません

今の世の中なら普通に起こりえる話です

皆さんは正社員にも関わらず、最低賃金を割るなんてあり得ないだろうと思いがちですが

これは実際大きな間違いであって事実計算してみると

最低賃金を割るような状況にいる方は世の中にたくさんいます

生活保護以下の底辺正社員大杉w

これはご存知ワーキングプアと言われる方々なのですが

こういった方は今の世の中、本当にそこら中にごろごろしております吐き捨てるほどうごめいています

ただ外の姿からはわからないですよね‥‥

そもそも外見からその人の所得なんてわかるわけないですからね!

原因としてはその会社の給料制度が問題であったり、みなし残業制や無言の圧力で

本来仕事をしているにも関わらずデータ上の記録を残さないように

定時になったらタイムカードを退勤で打刻し

その後さらに仕事をするというケースだったり

そもそも残業代が30時間までしかつかず

後の超過した分は自主的にサービス残業してるかのような感じであり(会社は勝手に仕事をしてくれたものとみなし、残業代等は当然払ってくれない)

そういった風に会社は上手く抜け道を使って、人件費を安く上げて社員に還元しないのです

会社は別に貧乏なわけではなくただ人件費を安くしたいだけなのです

故にそのしわ寄せが底辺正社員に来ているだけです

今の世の中なら日常的に聞く話ですが、そういった場合だと、自分の労働時間を時給で表してみると

事実、最低賃金すら割っていたということが普通に起こり得るかと思います

労働基準法でも定められていますが

基本的に、日本人は週5日で一日8時間働くというのは基本的なものとなっております

その場合、週に40時間働くことになり、1か月では160時間働くことになるのですが

その場合、各県でそれぞれ最低賃金で働いたと仮定してところ

その実際の月の手取りがいくらになるのか?計算をしてみると

驚くべき結果になりました

日本で一番時給が高い東京で最低賃金時給1013円で働いた場合の手取りはいくらなの?

1013円×8=8104円(日給)

8104円×20=162080円(月給)

控除 (標準報酬月額より計算して社会保険等の金額を出してみる)

162000円より等級は13等級になり

この場合の社保の控除は健康保険が7920円

厚生年金が14640円となり

これにさらに、所得税と雇用保険と住民税が引かれることになり

控除は約3万となります

そうなると162000-30000で手取りは132000円となり

ここから家賃や光熱費等を捻出していくということを考慮すると

かなり厳しいということがわかります

日本はワーキングプアの底辺正社員が多すぎるという件について

でも交通の便が発達していることや、比較的すぐに仕事に入れて収入を得やすいということを考慮すれば

節約して行けば、貯金自体をするまでは結構きついかと思いますが

手取り13万あればまだ普通にいけるかと思います

都心に住みながらも家賃を極端に抑えるとかすれば

生活自体に苦労はまだしないかと思います(少ないけどw)

では今度は東京ではなくて、仮に鹿児島県で最低賃金で働いた場合を考えてみましょう

鹿児島で時給790円で正社員をやった場合の手取りはいくら?

790円×8=6320円(日給)

6320円×20=126400円(月給)

標準課税月額により9等級となり

社会保険は6400円

厚生年金は11529円となり

これに所得税と住民税が課税され、控除はおそらく25000程度かと思います

そうなると実際手取りは約10万となり

ここから家賃や光熱費、そして車の維持費などを払う計算になるため

東京以上に厳しい状況になるということがわかるかと思います

何よりフルタイムで働いて手取り10万と言うのは正直相当キツイと思いますし

貯金なんて当たり前ですがほぼ無理ゲーでしょう(実家暮らしとかではない限り)

完全に生きるために働いている状態になるでしょうから…まさにこれはラットレースと言えるでしょう

毎日ただその状態をキープするだけで大変なことになるかと思います(貯金も基本的にできませんからいつまでたっても楽にはならないかと思います)

実際こういった状況に普通になっている方が多いため、恐ろしいと思ってしまいますね

東京都と鹿児島だと、仕事の雇用の量自体も全然違うと思いますし

仮に一度仕事を辞めてしまったとたら、東京よりもすぐに仕事に探すことも難しいと思われますし

辞めたいけど辞めるに辞められんと言う状況になっている方もかなりいるかと思います

でもガチで話すと地方在住の人は特に期間工とかになった方がまだ「絶対に」いいと思います!

だって手取り10万とかだと、リアルに生活保護の方が圧倒的にもらっている状況になってしまうため

人によっては働く気をなくしてしまうのも当然の流れだと思うからです

ちなみに生活保護費ですが、ネットで検索とかで調べてみると明確な金額がわかります

主に金額が決まる流れは、それぞれの家庭状況(子供がいるか、いないか?障害を持っているか否か?またそれぞれの地方や市)により異なります

ちなみに東京や鹿児島で生活保護を30歳がもらう場合いくらになるのか?

調べてみると驚愕の事実なのですが

母子家庭ではない、障害もない、子供もいないの条件で東京だと131430円

鹿児島だと103450円となります

つまり最低賃金でのフルタイム労働となにもしていない生活保護がほとんど一緒だということがわかります

※さらに生活保護の場合だと、医療費・年金や国保の支払い・住民税・軽自動車税・水道料金の基本料金・雇用保険・介護保険・自治体によってさらに独自の特典等がつくため

調べてみれば調べるほど、最低賃金での労働よりも生活保護の方が圧倒的に勝っているということがわかりますね!

これを見れば見るほど、私は許せない気持ちになります

生活保護以下の底辺正社員がいるという現実ワーキングプア!

はっきりいって、生活保護はもらいすぎてやばいです

現時点の私が仮に生活保護を受給するとしたら、むしろ隠し貯金だって余裕でできてしまうと思います笑

これでは働くのが馬鹿らしくなるもの当然だとうなづけますし

実際、上記の特典が付くことにより

東京だと手取りで13万程度の生活保護費ですが

実際のところ働いていた場合の手取り20万相当に値するぐらいの

生活レベルを受けられると同じようなものだと思われますし

これが生活保護を受ければ、普通にまかり通ってしまうというのはとんでもないことだと思います

そして、これに余裕で負けてしまう最低賃金と言う制度自体どうかと思ってしまいます

一生懸命働いて尚、生活保護に余裕で負けてしまう

これじゃやる気がなくなるのは当たり前と言えるでしょう

地方の負け組がまともな給料を得るための最も手軽な方法

実質生活保護と同じ生活レベルの生活水準を得るために必要な時給とは?東京で計算してみた!

医療費や住民税、各種税金や薬局の薬代免除等の数々の特典を考慮すると

生活保護実質の生活レベルは

1人暮らし独身の男性で考えると約手取り20万に相当すると私は考えています

と言うことは手取り20万を160時間の労働で稼ぎ出すにはどうすればよいのか?と言う風に考えれば

大まかな必要な時給が計算できるのではないかと思います

厚生年金・社会保険・所得税・住民税・雇用保険が控除されると仮定すると

控除される金額は約5万程度だと考えますと

総支給で25万あれば、大まかに手取り20万程度になるかと思いますので

25万を160時間で割ると、答えが出るかと思います

25万÷160時間=1時間当たり約1562円となります

つまり東京で、生活保護レベルの生活をするには時給換算で約1562円必要であるということがわかるかと思います

実際の東京の最低賃金は1013円であるため、その差なんと実に549円の差となり

今の最低賃金はむしろ安すぎると言っても間違いないです!

世間では時給が1000円を超えたとか言って、なんかとうとうここまで来たな感を無理やり出していますが

実際は最低賃金1562円はないと、東京都では生活保護レベル以下となってしまうため

全く持って話にならないことがわかりますね

ましては底辺正社員によくあるような、残業80時間とかを強いられて働いていて

それでいて実際の給料が手取り19万とかで、実際の時給が最低賃金すら下回るなんて

もう働いていること自体が私はアホだと思っています

サービス残業など一切なく寮費光熱費すら無料という働き方もあるのにね‥‥知らないというのはそれだけで罪ですね

無理して正社員にこだわるより適当に工場派遣で働いていた方がむしろ稼げてしまう世の中

派遣の単純労働は基本的には誰でもできますし派遣はすぐに働けるというメリットがあります

でも逆に不景気になればすぐに切られてしまうとか安定していないと言われる方もたくさんいますが

私個人の考えとしては、今の世の中、正社員であったとしてもこのように厳しい状況下で働いている人や

生活保護以下で働いている人がたくさんいる以上

正社員であったとしても安定しているなんて思っている事自体が幻想だと思っています

むしろ最近、最低賃金がわりかし上がってきたことから、そこらの派遣の単純労働の求人を見てみても

時給が1200円とか1300円とか普通になってきてそこらにゴロゴロしています

私の地元の埼玉ですら余裕で腐るほどありますし

神奈川東京に行けばそれこそ単純労働でも時給1600円とかそれ以上とか普通にあります

【寮付・未経験OK】新生活を始めよう ♪ by工場ワークス

すぐに切られてしまうとか、安定してないとかいうことは確かにわかりますが

派遣で働く場合はみなし残業などあり得ませんし

サビ残もありませんし、働いたものはきっちりともらえる以上

むしろ、派遣で働いた方がいいのではないか?と思う部分も多々あるのです

実際私は、その安定すらしていない派遣とか期間工で21カ月で貯金700万にしましたし

そのおかげで今ではたいして働いていなかろうが生活自体は余裕でできるようになりました

そこらの多くの人が底辺だと思っている期間工で短期間でこれだけ貯めることが出来たので

実際のところ、派遣とか期間工だからとかいうだけで

馬鹿になんてとてもじゃないですができないと思います

少なくても実質最低賃金以下になってしまう底辺正社員よりも

そこらで適当に派遣とか期間工でもやっていた方が実入り自体は間違いなく多いため

私個人の考えでは、むしろ下手に底辺正社員とかやるより

派遣の方が実はまだ人間らしい生活自体は出来るのではないかと考えています

底辺正社員になるぐらいだったらそこらの期間工でもやった方が圧倒的にマシ
底辺正社員になるぐらいだったらそこらの期間工でも適当にやった方が圧倒的にマシ

 

まあ、生活保護と比べている時点でそもそも論外で

仮に生活保護もらえるなら、むしろもらって適当に遊んでいた方がいいのが一番いいのは間違いありませんがね笑

もらえるなら私だってもらいたいぐらいですよ

むしろ生活保護もらった方が今よりリッチになれますから

あ~貯金764万の現在、生活保護もらいてぇな~

ちなみに埼玉独身28歳のケースだと生活保護費122700円ですよ!

働かずに何もせずこれだけもらえるとか羨ましすぎですわ笑

多分俺、生活保護費ですら余裕で貯金できますね!

生活保護レベルの底辺正社員やるぐらいなら適当に派遣工場で期間工やらニートしていた方がマシ!

と言うわけで私は底辺正社員で無理して苦労して働くなら

そこらの派遣で適当に仕事したり、もう思い切って生活保護を受給した方が

結果的に良くなると思っています

そこらの底辺期間工すら寮費光熱費すらかからず年収450万以上もらえるという事実!

だって一所懸命働いていても生活保護以下になる可能性が大なんですよ?

だったら働かないで国に甘えたほうがいいじゃないですか?

人によっては、飛んでもない考え方だと思われるかもしれませんが

私個人はこういう風に考えていますが、皆さんはどうでしょうか?

こうふざけたこと言っている私自身も

かっては正社員と言うものに憧れがありました

底辺正社員だろうと名ばかり正社員だろうと

正社員であれば安定する

正社員でさえあれば人に言えるとか世間体が~とか

色々脳内にマヌーサやメダパニがかかっていましたが

今では全くなく、むしろ最も自分の人生から遠ざかりたいものとして考えています

生活保護以下で無理やり働いて底辺正社員で消耗するなら

適当に派遣でもやって年齢が高くなってどうにもこうにもならなくなったら

適当に生活保護でも申請すりゃいいんですよ笑

私はこんな感じで超適当に考えています

だってとどのつまり世の中金が全てなんですから!


底辺正社員やるぐらいなら、俺は超適当に生活して金なくなってジジイなったら生活保護狙いますわ

糞底辺正社員を卑下する文章になっていますが

リアルにニートの方がマシだと心の底から思っています笑

以上、私が考える

底辺正社員で最低賃金で働くなら、適当に工場とかの単純労働派遣や生活保護の方がマシでした!

そこらの派遣の方がまだ余裕で稼げる事実w

そこらの名ばかり正社員の方はいい加減真実に気がつきましょう!

世の中はいかに手元に金を残した方が有利であるということを!

他の人のセミリタイアブログも見てみる

 

人気ブログランキング

↑応援クリックお願いします↑