他人と比べるな!むしろ自分と比べろ!日本人と言うだけで勝ち組であると言うことを理解しろ!

どうもタテヤマです

本日は他人と比べるな!むしろ自分と比べろ!日本人に生まれてきただけで勝ち組である!

という話をしたいと思います

私たちは大部分が自分のことを底辺だと思って生活をしています

おそらく全体の8割程度の人間が何かしらの生活や金銭面での不満を抱えて

自分は駄目なやつだと考えていることでしょう

ただ一つ疑問なのは

雨風凌げて、明日食べるものの心配もすることなく

別にいきなり殺されるような心配も一切ない日本において

なぜ多くの人が自分のことを底辺だと思って生活しているのでしょうか?

だって意味が分からなくないですか?

日常生活において困るレベルまで落ちることなんて日本において考えると

まずほぼないと思うんですよ…

でもどうして自分のことをこれほどまでに底辺だと思う人が多いのでしょうか?

・・・・・

それはなぜかと言いますと原因はたった一つであり

「私たちはどうしても自分と他人を比べてしまうという点に他なりません」

あいつは自分より、良い車を持っている

あいつは自分より、良い家に住んでいる

あいつは自分より学歴が高い

あいつは自分より年収が良い会社に勤めている

とかそういったことですね

どっちにしろ、衣食住に全く困っていないにも関わらず

どうしても他人と自分を比べてしまって、他人が自分よりも良い生活をしていると

感じてしまうと自分が何か劣っているような気がしてしょうがなくなるあの現象です

結論から申し上げますと

他人と比べてしまうのは人としてしょうがない感情なのですが

そういった感情は自身の幸福度を考えたときには一切無駄であることが多いです

人と比べるな!自分自身と比べろ!人と比べることは一切意味がない!

なぜそう思うのか?と言いますと

人間の幸福度と言うのはある一定水準を超えると

たいして変わらなくなるからです

それと人の承認欲求には終わりと言うものがないからです

確かに自分よりよい家、よい車、良い年収等を持つ人と比べてしまうと

自分は駄目なやつとかこんな生活をしている自分は一体何だろうか?と思ってしまうのは当然の感情だと思いますが

いざ実際にその人の生活に成れたとしても幸福度自体は今とそこまで変わらないと私は思っています

それはモノやステータスで満たされる感情と言うのは「あくまでも一時のもの」にしか過ぎないと思うからです

それを手に入れた瞬間は確かに気持ちは満たされることでしょう

でもそういったモノで気持ちを満たそうとすると

常にモノを手に入れ続けなくては幸せを感じられなくなってしまいます

またモノだけではなく、何か人に認められたいという感情も同様に

延々と終わりがありません

確かに何かを成し遂げたときは非常に心地よい高揚感に包まれて

人にすごいね!とかやったね!とか言われて気持ちが良いかと思います

でもそういったことはいつまでも続かず

すぐに飽きられてしまいます

で、一度チヤホヤされた方はもう一度注目されたいと思う感情が出てきます

そしてまた同じことを繰り返し他人に承認されたいと常に思うようになります

自分が成長するためは非常に良い状況と言えるのですが

そのチヤホヤされたいとか他人に認められたいという気持ちを第一にしては絶対にいけません

承認欲求は糞!捨てるべき!全く意味のないゴミである

そういった気持ちを持っている限り永久に終わりがないし、上限がないため

どこで終わりにするのか?がないからです

世の中にはどのジャンルにも上もいれば下もいるように

より良いものに囲まれる人生を目指そうと思えば思うほど、上も際限なくキリがないからです

ブランド物のバッグを手に入れた!私はこんなに高いもの持ってるわ~こんなに高いもの持ってる私ってすごい!

いや、それより私の持っているモノの方が高価よ!

いや、それよりも僕が持っている時計の方が!

あいつは年収3千万に達したってよ!

いやお前少ないよ、俺は年収1億だよ!

と言う風にこういった生き方をしてしまうと終わりがありません

それよりも幸福度の根底を考えることが重要で

モノがなくても年収がなかろうと気持ちの面で満たされている生活を手に入れる方が

よっぽど人生レベルで考えれば幸せであると思えるからです

良い物に囲まれる生活を目指すのは確かに憧れるかもしれませんが

人間の幸福度を測る尺度はそれでは決してありません

真に気持ちの面から満たされることを目指すのが私は正解だと思っています

事実、私は仮に今後どれほど自分の年収が上がろうが、どれだけ貯金が増えようが

生活自体は今と全く変わらないでいる自信があります

それは他人と比べることは一切関係なく、自分自身が何が一番幸福でいられるのか?という

明確な答えがすでに私自身が十分理解しているからです

私が幸せだと思うのは、まさに今の環境であり

毎日両親と話、猫と気楽に遊んでいる、このごく普通の日常の人生に最も幸せを感じているからです

何か高級なものを手に入れたとかそういったものではこういった

極当たり前の幸せを手に入れることは絶対に出来ないと言うことを私はすでに悟っています

だから今後どれだけ年収が上がろうが関係ありません

今の生活そのもの自体がすでに幸福度が非常に高いと言うことを理解しているからです

そもそも人と比べること以前に私たちは日本人です

日本人に生まれただけで一体どれほど勝ち組であるのか?皆さんは知っていますか?

これを知れば、日々の他人と比べて自分を卑下していること自体が

世界レベルで見たらどれほど小さなことだったのか?わかることでしょう

↓動画を撮りましたので見ていただければと思います↓

今回私は動画でも、日本人に生まれただけでそうではなかった人たちと比べて

どれだけ恵まれた存在か?と言うことが明確にわかる話をしました

これを見ることにより、人と比べて自分がどうとか?

そういったことを考えること自体がナンセンスだと言うことがわかるかと思います

自分の人生は他人に左右されるものではありません

自分が幸せだと思う点は人と違っていて当たり前なのですから

他者の視線や他人の意見などは一切関係なく

自分が良いと思ったものを追いかけることが正解だと私は思っています

そもそも日本に生まれ落ちただけで世界レベルで見れば相当幸せなことなのですから

それを理解すべきだと私は思います

今回はかなり大切なことをお話したつもりです

是非自分のマインドに刻み込んでください!絶対に今後の人生で役に立つ考え方ですから!

それではまた!

他の人のセミリタイアブログも見てみる

人気ブログランキング

↑応援クリックお願いします↑